阪神×ロッテ オープン戦結果速報!2016/3/5【動画あり】

(2016.3.16追記)

3月16日のオープン戦内容は「阪神×ロッテオープン戦結果速報2016/3/16【動画あり】」をご覧下さい!

(追記終わり)

阪神タイガースと千葉ロッテマリーンズのオープン戦の結果です!

能見投手がこの試合で先発!

鳥谷選手、ゴメス選手、福留選手のクリーンアップも先発出場しました。

どんな戦いになったのか、速報で結果をお伝えします!

123456789
000020002461
0000100102102

責任投手/本塁打

勝利投手[ロッテ] 大谷(1勝0敗0S)
敗戦投手[阪神] 高橋(0勝1敗0S)
セーブ[ロッテ] 内(0勝0敗1S)
本塁打[阪神]
[ロッテ]

バッテリー

阪神[投] 能見 → 青柳 → 高宮 → 金田 → 高橋
[捕] 岡崎 → 小宮山
ロッテ[投] 大嶺 → スタンリッジ → 大谷 → 内
[捕] 吉田

スタメン

阪神ロッテ
打順打順
1(二)西岡1(中)伊志嶺
2(指)板山2(右)荻野
3(遊)鳥谷3(遊)鈴木
4(一)ゴメス4(一)井上
5(右)福留5(指)井口
6(三)今成6(左)細谷
7(左)高山7(二)中村
8(中)横田8(捕)吉田
9(捕)岡崎9(三)三木
先発投手能見先発投手大嶺

試合内容

先発能見が好投、高宮、金田も好投しましたが、青柳と高橋が2失点づつ奪われました。

阪神がロッテに2-4で敗れました。

投手陣の結果

能見が4回を0封!

ローテーションの一角を担う能見投手が安定のピッチングを披露しました。

4回を投げて、打者15人と対戦。被安打2、四球2、奪三振3で無失点に抑えました。

安定した投球内容で、インタビューにたいして「この時期は三者凡退で抑えるよりは、ランナーを許してセットポジションも試せたので良かった。ストレートの感触は、緩急をつけながら、まっすぐを早く見せるように投げた。太一のリードに助けられる部分があった」とまずまず納得したというコメントでした。

ルーキー青柳が初の甲子園でほろ苦いデビュー!

ドラフト5位入団のサイドスロー青柳投手が一軍合流後はじめての実戦に登板しました。

3者連続フォアボールから、犠牲フライとタイムリーを浴びて2失点を喫しました。

2回を43球投げました。すごく良い経験になったでしょう。

最初に悔しい思いをした選手のほうが、今後飛躍できるといいますからね!

高橋がエラーからの3連打を浴びる!

9回のマウンドに上がった高橋投手でしたが、先頭バッターをエラーで出塁させてから3連打を浴びて2失点!

野手陣の結果

今日もヒットの高山!

1打席目は空振り三振に終わりましたが、2打席目はセンター前にヒットを放ちます。

試合で結果を出し続けるルーキーに対して金本監督は「当面は使い続けます。フォームもしっかりしていますし」と継続起用を宣言しました。

このまま結果を出し続けて開幕1軍なるか。

北條が連日のタイムリー!

今日も北條選手がマルチヒット!本当にバッティング良いです。

なんとかして使って欲しい北條選手を!

2016甲子園初Hは今成!ゴメスのヒットと合わせて動画で!

最後に動画2つを見てお別れしましょう。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top