阪神タイガース前半戦負け越し決定!絶望の淵に立ってもがけ!

2016年7月5日、東京ドームで

巨人に3-2と敗れて、

前半戦の負け越しが決定しました。

勝利を託されたメッセンジャーは、

なんとか粘りを見せましたが、

打線は内海の前に沈黙でした。

もう打線ではないですね、

線じゃないですもん。

とにかく打てない繋がらない。

試合内容を見ると、

まさに「最下位に相応しい」ものでした。

今年は育成の年ですら

ないんじゃないか。

そう思えてしまいます。

こうなったら、トコトン

金本監督にはやりたいように

やってもらって、

どん底のさらに奥を見てもらって、

そこから来年ぐらいに上がって

きてもらいましょう。

ついに弱音を吐いた金本監督

試合後のインタビューで、

ついに金本監督が弱音を吐きました。

「今の内海の状態で…あれで点がとれないようじゃね。もう、どうしたらいいかわからん」

言ってはいけない一言ですけど、

そら監督も人間ですから、

この言葉をおさえることが

できなかったんでしょうね。

さらに打てない打線が投手の首を

絞めている現状も嘆きました!

「(メッセは)バントのエラーでリズムが狂ってしまったけど、それまではほぼ完ぺき。先発が好投しているところで、打者は何か思わないと。感じないとね、その投げている姿を見て」

異例の敵地居残り練習!

お寒い伝統の一戦を終えたベンチの

裏では緊急コーチミーティングが

開かれました。

さらに、高山、中谷、北條、江越、

梅野が片岡打撃コーチらと

三塁側のブルペンへ行き、

居残り特打が敢行されました。

居残り練習後、記者の問いに対して

片岡打撃コーチは

「いつものこと。ボール球を打つことが多いので自分のタイミングで振る確認。試合に出た選手は試合の後すぐだったら、打ち取られたイメージを体が覚えているうちに」

と、普段通り変わらないことを

強調しました。

結果がね、出ないんですよね片岡コーチ。

良いコーチやと思うんですけど、

結果がね。

チームの悩める低迷ぶりによる

ドタバタ劇はまだあります。

緊急編成会議まで開催!

現状打破すべく、球団のトップが

東京に集まり、現場の声をもとに

補強策や来季の戦力分析するようです。

いつまでも絶望に身を置くわけには

いかないでしょう。

緊急でも、ハリボテでも良いから、

なりふり構わずチームの底上げ強化に

取り組んでください。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top