阪神サターホワイト一軍初登板!うーん…どうなの…?

サターホワイト投手がついにベールを

脱ぎました。

2016年7月31日

対中日の9回表、5点リードの場面で、

来日初の登板となりました。

8回裏に追加点となる4点が入り、

リードを5点に広げたということもあり、

ドリス投手に替わって一軍に昇格していた

サターホワイト投手のマウンドが実現しました。

2安打を許したが無失点の結果!

5点差という余裕のある中での登板でしたが、

2安打されて、ツーアウト1、2塁と、

ランナーをスコアリングポジションに

出してしまったのは、課題でしょうね。

なんとか無失点で切り抜けましたが、

今後の活躍次第で、使う場面を判断する

しかないでしょうね。

とにかく、昨日みたいに大量にリードする、

もしくは逆にリードされる場面での

登板が今後は増えてくるでしょう。

そこで結果を残せば、良い場面での

起用という流れだと思います。

「展開に合わせてブルペンで作っていたから、準備はできていたし、いい雰囲気で投げられた。力んで少し浮いてしまったので、そのへんを修正した。全体的にはいい投球ができた」

と、サターホワイト投手は振り返りました。

最速151キロの直球を中心に

フォークを交えた投球スタイルでした。

言うなれば王道ですよね。

あとはコントロールの良し悪しを

首脳陣が判断していくことになりそうです。

これからの登板を見てみないと、

今はまだ何とも評価できないですね。

今後に注目しましょう。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top