岩貞が故郷熊本へ届けた想い!阪神×中日結果【2016/4/16】

2016年4月16日におこなわれた中日ドラゴンズとの公式戦結果です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 4 0
0 0 0 0 0 0 0 2 2x 4 5 1

責任投手/本塁打

勝利投手 [中日] 福谷 (1勝0敗4S)
敗戦投手 [阪神] マテオ (0勝1敗4S)
セーブ
本塁打 [阪神]
[中日]

バッテリー

阪神 [投] 岩貞 → 福原 → 高橋 → マテオ
[捕] 梅野
 中日 [投] 山井 → 岡田 → 田島 → 岩瀬 → 福谷
[捕] 杉山

スタメン

阪神 中日
打順 打順
1 (遊) 鳥谷 1 (中) 大島
2 (二) 西岡 2 (遊) 三ツ俣
3 (右) 江越 3 (三) 高橋
4 (一) ゴメス 4 (一) ビシエド
5 (三) ヘイグ 5 (右) ナニータ
6 (中) 横田 6 (二)
7 (左) 陽川 7 (左) 福田
8 (捕) 梅野 8 (捕) 杉山
9 (投) 岩貞 9 (投) 山井
先発投手 岩貞 先発投手 山井

試合内容

4回まで相手の山井にノーヒットに抑えられていて、なんとなく前日の完封負けの余韻を引きずっている印象でしたが、5回表に先頭の梅野がシングルヒットでチーム初安打を放ちます。

続く岩貞はバント失敗で、「あっ、嫌な流れやわ」と思っていたら、梅野がやってくれました。

盗塁成功ですよ。これがでかかった。嫌な流れになりそうな所をグッと阪神に引き寄せて、西岡が先制のタイムリーを放ちました。

なおもワンアウト2,3塁から3番の江越がきっちり犠牲フライ。

さらに4番のゴメスが右中間へタイムリーヒットを放ち、一挙に3点を奪いました。

先発の岩貞は貫録すら感じる7回10奪三振の無失点で後続に託します。

防御率も0.83と素晴らしい数字。

何よりも高橋、ビシエドから2個づつ三振を奪ったのは大きい。

今後のシーズンの戦いにも優位に働くでしょうね。

ただ、ナニータに対してはツーベースを2本打たれてるんで、今後要注意です。

それから、なんといっても、本人は今日の投球にかける思いは人一倍強かったはずです。

岩貞の出身である熊本県で大地震があり、色々な想いがある中でのピッチングでした。

プロ野球選手として出来ること、それを懸命にやるだけ!

そんな強い思いを感じるピッチングでした。

阪神淡路大震災の時も、東日本大震災の時も、プロ野球は人々の心のよりどころになって、元気を与えてきました。

被災されている方のためにも、これからも夢のある楽しい試合を続けてほしいと思います。

それでも、岩貞には勝ちはつかず、8回に福原がつかまり、9回にはマテオが沈められました。

采配については今年は何も言いません。これも野球です。仕方ない。

でも、岩貞に勝ちをつけて欲しかった。

そして、もう少し首脳陣に意地を見せて、8回もマウンドに上がってほしかった。

試合は阪神が中日に3-4で敗北しました。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top