阪神×ヤクルト公式戦試合結果速報【2016/3/29】悔しがれ晋太郎!

2016年3月29日におこなわれた東京ヤクルトスワローズとの公式戦結果です。

123456789
020030100672
000100001281

責任投手/本塁打

勝利投手[阪神] 藤浪 (1勝0敗0S)
敗戦投手[ヤクルト] 館山 (0勝1敗0S)
セーブ[阪神] マテオ (0勝0敗2S)
本塁打[阪神] ゴメス 2号(5回表3ラン)
[ヤクルト]

バッテリー

阪神[投] 藤浪 → マテオ
[捕] 梅野
ヤクルト[投] 館山 → 村中 → 秋吉 → オンドルセク → 久古 → 古野
[捕] 中村

スタメン

阪神ヤクルト
打順打順
1(左)高山1(左)坂口
2(中)横田2(三)川端
3(三)ヘイグ3(二)山田
4(右)福留4(一)畠山
5(一)ゴメス5(右)雄平
6(遊)鳥谷6(遊)今浪
7(二)西岡7(中)上田
8(捕)梅野8(捕)中村
9(投)藤浪9(投)館山
先発投手藤浪先発投手館山

試合内容

ヘイグがエラー!その後ヒット!

4回裏、先頭の畠山をサードへの平凡なフライに打ち取った藤浪だったが、ヘイグがまさかの落球をしてしまい。ヒットと内野ゴロの間に一点を献上してしまいました。

エラー絡みの失点って流れ悪くなるから嫌だったんですが、藤浪はなんとか1失点で抑えました。

次の攻撃はミスしたヘイグからでしたが、館山の甘く入ったスライダーをショートの頭上を越す当たりで弾き返しました。

ミスをバットで取り戻せている限りは良しとしましょう。外国人はね。

今日はゴメスが良い!

中日戦ではフォアボールの後の初球でうまくいなされて相手投手にいいように遊ばれてしまいましたが、今日のゴメスはフォアボールのあとの初球を見事にとらえて左中間スタンドにホームランを放り込みました。

館山が軽率な初球を投げたとはいえ、逃さずしっかりとらえたゴメスにあっぱれ。

「浮いたフォークをしっかりととらえられたね。いつも打てるボールが来たら、いいスイングで打ち返すということを意識しているんだけれども、それができた打席だったね」とゴメスは自身のホームランを喜んでいました。

藤浪が完投目前で交代!悔しがれ晋太郎!

今シーズン初先発を初完投で勝利かと思われた藤浪でしたが、9回にまさかのタイムリーで交代となりました。

変化球、直球ともに完全な状態には見受けられませんでしたが、なんとか9回まで投げてきましたが、惜しい。ほんまに惜しい。これをバネに次は完封してくれると信じましょう。

最後はバタバタしましたが、なんとか阪神がヤクルトを6-2で降しました!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top