阪神×中日試合結果速報!2016/3/26金本監督初勝利!

2016年3月26日におこなわれた中日ドラゴンズとの公式戦結果です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 2 1 0 0 3 9 1
0 0 2 0 4 1 0 0 X 7 11 1

責任投手/本塁打

勝利投手 [阪神] 能見 (1勝0敗0S)
敗戦投手 [中日] 山井 (0勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [阪神] ゴメス 1号(5回裏3ラン)
[中日] ビシエド 2号(6回表ソロ)

バッテリー

阪神 [投] 能見 → 高宮 → 福原 → マテオ
[捕] 岡崎
中日 [投] 山井 → ジョーダン → 田島 → 小川 → 福
[捕] 杉山 → 武山

スタメン

阪神 中日
打順 打順
1 (左) 高山 1 (中) 大島
2 (中) 横田 2 (二) 荒木
3 (三) ヘイグ 3 (遊) 遠藤
4 (右) 福留 4 (一) ビシエド
5 (一) ゴメス 5 (右) 平田
6 (遊) 鳥谷 6 (左) 藤井
7 (二) 西岡 7 (三) 高橋
8 (捕) 岡崎 8 (捕) 杉山
9 (投) 能見 9 (投) 山井
先発投手 能見 先発投手 山井

試合内容

高山に初タイムリー!ヘイグは2試合連続!

今日も一番レフトで出場した高山がバットで魅せてくれました。

0-0の三回、先頭がフォアボールで出塁しますが能見はバント失敗でアウトとなり、ワンアウト一塁で打席に入った高山が、高めのストレートを右中間へ見事なバッティング。先制となるタイムリーツーベースヒットを放ちました。2塁上では顔色ひとつ変えずにクールな表情の高山に余裕を感じましたね。

ほんまにルーキーなんでしょうかね。

さらに、ツーアウト二塁からヘイグが2日連続となる左中間タイムリー。

高山はタイムリーについて「走者一塁の場面だったので、引っ張れるボールがくれば引っ張って強い打球を打とうと考えていました。結果的には自分のイメージしていたようなバッティングができた」とコメントしました。

そしてヘイグも「自分の打つべきボールをしっかりと打ち返せたね。昨日の第3、第4打席では甘いボールを打ち損じてしまって悔しい思いをしたので、反省を生かすことができた」と応えています。

ゴメスのホームランを呼んだ鳥谷の盗塁!

4回裏、ツーアウトで一塁に鳥谷、バッターは8番の岡崎という場面で去年とは違うチームの変革を見ることができました。

この場面で鳥谷は単独スチールを成功させます。ツーアウト2塁、カウントは2ボール1ストライク。

一塁が空いたという状況になり、相手投手の山井は「歩かせても良いかな」という思考になったことでしょう。

案の定、勝負を避けて四球で歩かせます。

ツーアウト1、2塁で能見に打順がまわります。得点とはなりませんが、次の回は先頭バッターからの攻撃。

流れが良くなるんじゃないかなぁと思っていたら、5回にゴメスの特大アーチが飛び出しました。

前の回に盗塁した鳥谷が呼び込んだホームランだったと思います。

ここまで2試合、よくリードする岡崎!

ベテランの岡崎が2日間でなかなかのリードを見せています。

昨日の開幕戦が終わってからは一球ごとにリードのチャートを付けたという岡崎は、「ピッチャーに説明のできないリードはしたくない。しっかりと根拠があるリードをしたいんです」と余念がありません。

矢野コーチの指示によるものですが、こういう部分でもチームが変革しているというのを感じることができます。

金本監督の初勝利!高山が初のヒーローインタビュー!

金本監督の初勝利の特別な日に打点をあげることができて嬉しい、と高山選手が落ち着いたインタビューでした。

自己紹介と今シーズンの抱負は、1試合でも多く阪神の勝利に絡めるようにがんばりますという優等生のコメントでした。

全体的にういういしいヒーローインタビューでした。

金本監督は「それなりに嬉しい。(勝利の瞬間より)マテオに集中していた」

横田の初ヒットはエラーっぽいですね、と冗談を言っていました。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top