ランディ・メッセンジャーの年俸と成績!エースの場所【虎トラ選手名鑑】

与えられた場所。

 

巡ってきた場所。

 

許された場所。

 

勝ち取った場所。

 

ランディ・メッセンジャーが阪神タイガースに加入した時、ここまで頼りになる存在になると誰が予想しただろう。

 

もしかするとメッセンジャー本人も想像していなかったかもしれない。

 

メジャーリーガーというブランドに身を包み、順風満帆な選手生活を夢見てきた

アメリカ人が、突如としてFar Eastに活動の場を移す。

 

当時の心境は本人にしかわからないが、穏やかではなかったはずだ。

 

自分はメジャーリーグで大輪の花を咲かせたい。

 

そういう気持ちは、きっとあっただろう。

 

もしかすると、本人の中にはまだその思いは残っているのかもしれない。

 

しかし、メッセンジャーに「与えられた場所」は、メジャーリーグには無くなっていた。

 

マーリンズ、ジャイアンツ、マリナーズと短期間で渡り歩いた道の先は、ロースターの外。

 

いわゆる日本でいうところの戦力外だった。

 

28歳という若さで自由契約となったメッセンジャーは、このまま終わりたくないという思いを抱きながら、必要としてくれる場所を探していた。

 

そんな中、「巡ってきた場所」は思いもよらない場所だった。

 

デトロイトではない、Nipponのタイガース。

 

阪神タイガースというチームだった。

 

その名を聞いたことは、あったのだろうか。

 

でも間違いなく、迷いはあっただろう。

 

それでも大きな体の最強助っ人右腕は、大きな夢を届けに日本のタイガースにやってきた。

スポンサーリンク
ad1

プロフィール

基本情報

氏名:ランドール・ジェローム・メッセンジャー

国籍:アメリカ合衆国

出身地:ネバダ州リノ

生年月日:1981年8月13日

身長:198 cm

体重:121 kg

血液型:不明

選手情報

投球/打席:右投/右打

ポジション:投手

背番号:54

プロ入り:1999年 (フロリダ・マーリンズ)

一軍初出場:

MLB / 2005年7月22日

NPB / 2010年3月26日

野球経歴

スパークス高校

フロリダ・マーリンズ (2005 – 2007)

サンフランシスコ・ジャイアンツ (2007)

シアトル・マリナーズ (2008 – 2009)

阪神タイガース (2010 – )

成績

投手成績












2010 26 14 0 0 5 6 0 1 48 44 4.93
2011 25 25 1 0 12 7 0 0 122 48 2.88
2012 30 29 3 2 10 11 0 0 166 55 2.52
2013 30 29 6 3 12 8 0 0 183 63 2.89
2014 31 31 3 3 13 10 0 0 226 74 3.20
2015 29 29 0 0 9 12 0 0 194 64 2.97
2016 28 28 2 1 12 11 0 0 177 62 3.01
日本通算:7年 199 185 15 9 73 65 0 1 1116 410 3.20

その他成績

獲得タイトル

最多奪三振:2回(2013年、2014年)

最多勝利:1回(2014年)

表彰

月間MVP:1回(2013年7月)

日本シリーズ敢闘選手賞:1回(2014年)

記録

初ホールド:2010年3月30日(対広島)

初奪三振:2010年4月8日(対巨人)

初先発・初勝利:2010年7月11日(対横浜)

初完投勝利:2011年8月6日(対ヤクルト)

初完封勝利:2012年4月17日(対ヤクルト)

年俸推移

年 度 推定金額 増 減 複数年
2010 6000万
2011 5000万 ↓1000万
2012 12900万 ↑7900万
2013 12300万 ↓500万
2014 25000万 ↑12700万
2015 25000万
2016 30000万 ↑5000万

プレースタイル

長身のオーバースローから繰り出される威力抜群のストレート。

そして何よりも特徴的なのが、その大きな体格とは正反対の小さくて無駄のない投球フォームだ。

滑らかなモーションから豪快に腕を振り、投げ終わったあとは水平方向に高く軸足が上がる。

初動の静けさからは想像ができないほどの力強さがあり、見ている者を爽快にさせてくれるほどだ。

阪神タイガース入団当時は球速重視でコントロールに重きを置いていなかったが、徐々に制球力を軸にした投球にシフトチェンジしている。

それでも、2016年、現在のストレートは平均140キロ後半というスピードがある。

そして何よりも大量失点などの大崩れが少ない。

そんなピッチングを支えているのが、効果的な変化球だ。

右打者、左打者に関係なく投じられるスライダーとフォークボール、そして緩急の効いたカーブが打者のタイミングをずらす。

バッタバッタと打者を空振りにして抑え込むタイプのピッチャーである。

2014年9月2日には、シーズン201奪三振を達成し、歴代外国人史上最多記録を達成した。

2016年シーズンには、在籍期間がバッキーとウィリアムスに並ぶ歴代外国人投手の最長記録となる7シーズンに達した。

そんなメッセンジャーは、入団1年目には中継ぎとして起用されていた。

しかし、球団が望むような目覚ましい成績を残すことはできなかった。

シーズン途中にスタンリッジを獲得したことにより2軍落ちを経験した。

2軍では、先発投手不足だった当時のチーム事情から、先発へ転向するための調整を行った。

夏場に一軍へ昇格すると、初先発で初勝利をあげて先発としての才能の片鱗を見せてくれた。

しかし、その後はなかなか安定しなかった。

苦しい投球をした日があるかと思えば、素晴らしいピッチングを披露したり、また打ち込まれたりと、不安定な投球が続き、5勝6敗、防御率4.93で1年目のシーズンを終えた。

首脳陣をはじめ、球団もファンもマスコミも翌年の契約は無いと予想されていたが、新外国人を調査、獲得する労力との天秤にかけられ、もう1年見てみようという判断になり、メッセンジャーは阪神タイガースで2年目のシーズンを迎えることが決定した。

そんな「許された場所」となった2年目の甲子園のマウンドで、メッセンジャーの助っ人投手最強伝説はスタートすることになる。

2011年は開幕からローテーション入りし、同じく助っ人のスタンリッジと切磋琢磨していった。

しかし、チームは和田豊新監督のもとシーズンを5位で終えた。

そんな中でもメッセンジャーは先発として、 エース級の活躍を見せた。

当初はスタンリッジのほうが格上投手のような印象だったが、結局この年はチームトップとなる12勝を上げて、タイガース投手陣を支えた。

長いイニングを投げることができる投手として、ベンチにとっては信頼できる投手となっていた。

メッセンジャーは2011年だけ偶然、調子が良かったのか。

そんな周囲の声をかき消さんとばかりに、真価が問われた3年目以降も、メッセンジャーは先発投手としてフル稼働した。

ケガをして長期離脱することが少ないのも頼もしい。

まさに折れない先発の大黒柱と言える。

開幕投手にこだわりを持っているのも、タイガースへの愛の現れであり、またその資格も十分にある。

同僚であるタイガース投手陣も、球団関係者や首脳陣も、ファンやマスコミも、すべての人々の中に、開幕投手メッセンジャーに対して、強烈な疑問符が着くことはない。

メッセンジャーが自らの力で「勝ち取った場所」の証明と言える。

プライベート

メッセンジャーといえば、何と言っても無類のラーメン好きなのが有名ですよね。

97

遠征先には必ず行きつけのラーメン店を発掘して、先発登板の前日は必ずラーメンを食べているそうです。

そんなメッセンジャーが最も好きなラーメン店は横浜の吉村家とのこと。

なんでもラーメン好きになったきっかけが、この吉村家での一杯だったようです。

来日1年目の2010年に、横浜スタジアムで、打たれてショックを受けた試合があり、その夜に通訳さんに連れて行ってもらったのが吉村家。

そこで、濃厚とんこつラーメンにハマってしまったんだとか。

そんなラーメン好きが高じて、選手プロデュースメニューでは「とんこつラーメン」を監修するまでに。

阪神タイガース投手として最長となる在籍期間なのも、日本のラーメンが一因になっている可能性はあるでしょうね。

勝手に個人的総括

5-tools

球速 球威 変化球 制球 スタミナ
B B S

球速

最高球速が156km/hと素晴らしいが、現在の平均球速は147km/hほどと若干スピードは落ちた。

球威

ホームラン被弾率は低く、球速にくわえて球威も高いと言える。

日本在籍の7シーズンで71本のホームランを打たれており、対戦打者数は5040人、被弾率は0.014となる。

これは100人と対戦して、1.4本ホームランを打たれるという計算になる。

変化球

タイトルを獲得するほどの高い奪三振率は、間違いなく変化球のレベルが高い証拠だ。

一級品のスライダーとフォークに加えて、ストレートとのコンビネーションで投げるカーブがアクセントになり、打者を翻弄する。

制球力

あまりフォアボールで大崩れすることはないが、無駄な四球でピンチを招くシーンは見受けられる。

ダイナミックな投球スタイルのわりにはコントロールは良いほうだ。

スタミナ

完投や完封の数も多く、投球回数も多い。

また、ローテーションを中5日で回せるほどのタフネスも持ち合わせているので、スタミナは抜群にある。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る