江越の2016キャンプ情報!大河治め外野手レギュラー奪取へ!

掴みかけた定位置を確かな物にするため、江越大賀の2年目が大きなうねりと共に流れ始めた。

ルーキーイヤーにブレイクした江越選手。しかし1年目の自分を使ってくれた和田監督がまさかの退任。

新体制がなかなか決まらない中、また0からのアピールを開始することになるだろうと覚悟したさなか、ようやく金本監督が就任します。

緊張と期待が入り混じるなか、昨年の秋期キャンプではじめて会った指揮官から、熱烈な直接指導を受けます。

自分は評価されている。きっと江越はそう思ったことでしょう。

テレビでも金本監督は名指しで評価をするとともに、これからの飛躍を奮起するコメントを残してきました。

それに呼応した江越選手は、2015年秋季キャンプでフォーム改造に着手します。

指揮官から直接指導されたその打法は「軸回転で打つ」というもので、自分の物にしようと現在も努力を続けています。

迎えた2年目のキャンプ、そんな彼を待ち受けていたのは、新たなうねりでした。

スポンサーリンク
ad1

大学スーパースターの確かな実力!ドラ1位ルーキーの脅威

沖縄一軍キャンプへの胎動に喜び、気を緩めていたわけでは決してないでしょうが、遠く離れた高知県から連日快音が届けられました。

高山選手の見事なバッティングのニュースが連日紙面を賑わせます。

確定的といわれる福留選手のライト、それ以外の残る2つの枠に新たなライバルの出現が。

年齢は江越選手のほうが一月だけ早く生まれ、学年で見ると1年先輩にあたりますが、ほとんど同年代を過ごしてきた二人。

右と左で打席は違えど、同じ外野手として負けられない相手だと思います。

1年目の経験を生かして、負けられないレギュラー争いはまだ始まったばかりです。

ここまでのキャンプ!実戦は厳しい結果に

7日におこなわれたシート打撃では、2打数無安打と思うような結果は得られませんでした。

それでも、江越選手は「一気に(スタンスを)狭くはできなかった。ちょっとずつやっていきたい。片岡さんにも『真っすぐに差されるな』と言われました。少しずつやってることを続けていきたい」と焦らずにフォームを習得していく姿勢を見せてくれます。

11日の紅白戦では、紅組の7番センターとしてスタメン出場しますが、3打数ノーヒットと結果が出ません。

14日の紅白戦では、白組の5番センターで先発出場し、3打数1安打と実戦形式でははじめて結果を出しました。

「実戦で今年初めて安打を打てたので、それはよかったです」

新助っ人ドリスの154キロの直球をとらえて、右中間に三塁打を放ちます。

とにかく結果がすべて、と江越選手自身も痛いほど理解しているでしょう。

これからも対外試合や紅白戦を重ねる中で、どれだけ結果を残してアピールできるか、注目したいと思います。

監督の交代、フォーム改造、新戦力との戦い

大きくうねりをあげる「大河」をすべて治めて、ど真ん中(センター)は誰にも譲らない。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る