阪神タイガース2016キャンプ情報!初日は報道200人にTV18台!

いよいよ金本知憲新監督の新たな船出がスタートしました!

さっそくクルーが1名脱落したというショッキングなニュースからです。

キャンプイン前日の31日、伊藤隼太外野手が右肩痛を訴えて離脱したと発表されました。

厳しい言い方ですが、ケガをして戦線を離脱するのも選手の実力のうちやと思います。

これから巻き返すのはめちゃくちゃ大変でしょうね。

伊藤選手には期待していただけに、今年1年やばいんじゃないのって思ってしまいます。

ケガしている間に、江越や横田などのライバルとの差は広がるばかりでしょうね。

伊藤選手、ほんま何やってんの?と言いたくなってしまいます。

いきなりクルー1人がいなくなりましたが、ファンの期待を乗せた金本タイガース号はなんとか出港しました!

スポンサーリンク
ad1

指揮官が発した力強い言葉!

前日におこなわれた全体ミーティングで金本知憲監督は「開幕に合わせるキャンプではなく、鍛えるキャンプ。(マートンや呉昇桓が退団し)戦力的なマイナス部分は多いが、冷静に考えれば優勝できる」と選手たちに力強く公言した。

そうだ。われわれファンは優勝を見たいんだ。

もう11年もの間、優勝から遠ざかっている。

金本監督になって、阪神タイガースの野球は変わるだろうが、やはり優勝争いに打ち勝ち、秋には胴上げされる姿を見たい。

ビールかけを見たい!したい!

報道陣200人にテレビカメラ18台!

歓迎セレモニーは宜野座ドームで行われた。

金本知憲新体制の本格スタートということもあり、詰めかけた報道陣は約200人、テレビカメラはなんと18台も集まった。

「最高のキャンプを送れるように。選手のためにも協力してください!」と集まった報道陣に向けて挨拶した。

キャンプ初日からブルペンで快音!球児が!ドリスが!能見、岩田、メッセも!

新外国人のドリスがベールを脱ぎました。

キャンプ初日から捕手を座らせて、変化球も交えなか32球を披露しました。

そんなブルペンへ一番乗りで登場したのは藤川球児投手でした!

なんと投じた球数は80球。

肩壊さないでね。ちと心配。

そんな一番乗りの球児に続いて、岩田、メッセンジャー、能見、高宮、高橋も続々とブルペンに到着。

初日からブルペンはあっつあつですよ!しかも全員が捕手を座らせての投球やったそうで。

さらに途中からは金本監督も姿を見せたそうです!

打撃陣も新助っ人が全快!!

新外国人のマット・ヘイグ内野手がフリー打撃で鋭いスイングを初披露。

続いて左右の打撃投手が投じた球でもいい打球を飛ばしていて、金本監督は思わず「グッジョブ!」と声を掛けていた。

ヘイグのコメント

「やれることをやろうという思いでやった。タイミングを早く取ることを意識した。普段と変わらずやったよ」

初日を終えた阪神タイガースの新たなキャンプを金本知憲監督は満足そうに振り返った。

「僕が思った以上に選手たちの状態がいい。ちゃんと準備をしてくれているなという感想です。内野ノック、フリー打撃を見ても、みんな足がよく動いているし、肩はできている。(投手陣も)主力級がバシバシ投げている。こちらが心配するぐらい、みんないい状態に準備してくれていました」

阪神タイガースの2016年の戦いがようやく始まった。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る