阪神が広島に3連敗!育てながら勝つどころか泥沼に!

どうしても勝てないですね。

終わってみれば首位の広島に

3連敗しました。

この結果は重く受け止めなければ

いけません。

金本監督の目指す野球は、

どこなのか。

はっきり言って、今のタイガースから

何か光明になる部分とか、

将来の希望みたいなんも

まったく見えません。

僕だけが見えないのでしょうか?

皆さんには何か見えますか?

スポンサーリンク
ad1

育てながら勝つ!なんて両方は無理!

交流戦が終わり、

セ・リーグのペナントレースが

再開した広島との3連戦を前に

金本監督は、自らの野球論、

タイガースの進むべき道を

報道陣の前で語りました。

「育成だけの一年ではない。

1つでも上の順位を狙っているし、

一番上を獲るつもりで戦っている」

つまり、優勝するために

タイガースの監督になっている。

ということを強調したんです。

でも、現状は借金7の5位

最下位ヤクルトとのゲーム差は

わずかに0.5です。

では、現状のチームで何が悪いのか。

それは一目瞭然です。

打線がつながらない。

とくに主力が打てない。

投手陣は、そこそこ頑張っていますが。

勝利に必要な点が入らなすぎです。

鳥谷、西岡、福留、ゴメス。

この四人が実績的にも主力な

わけですよね。

というか、この四人以外にいない

わけですよね。

じゃあ、この四人をクリーンアップに

固定させれば良いんですよ。

とっかえひっかえ打線をいじりすぎ。

2番 西岡

3番 鳥谷

4番 ゴメス

5番 福留

どんなに調子が悪くても、

打率が低くても、

ホームランが打てなくても、

この四人は、この打順で

残り一年固定してしまうんです。

固定しないで、コロコロ変えるから、

選手も困惑するんです。

変えすぎですよ打順。

絶対固定すべきです主力の四人は。

固定すれば、どうなるか。

たとえ誰かが調子悪くても、

その前後のバッターが補填する。

そうやって選手間に信頼が生まれ、

選手とベンチに信頼が生まれ、

チームとファンに

信頼が生まれるんです。

もう、散々ここまで試したでしょ。

まだ試し足りないなら、

下位打線で若手を使えばいいんですよ。

それは経験になるんで。

だから、主力の固定して我慢する。

これをやってほしいです。

あーあ、今年は采配について文句言わないなんて宣言したのに、もう我慢できずに言ってしまいったじゃないすか。

金本さん、しっかり頼んます!

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る