阪神×ヤクルト オープン戦 速報試合結果 2016/2/21


1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 1 3 0 0 1 0 5 13 2
0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 7 1

責任投手/本塁打

勝利投手 [阪神] 岩崎 (1勝0敗0S)
敗戦投手 [ヤクルト] 山中 (0勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [阪神]
[ヤクルト]

バッテリー

阪神 [投] 岩崎 → 秋山 → 歳内
[捕] 梅野 → 岡崎
ヤクルト [投] 原 → 山中 → 中澤 → 徳山 → 岩橋 → 竹下
[捕] 中村 → 星野

スタメン

阪神 ヤクルト
打順 打順
1 (二) 大和 1 (中) 坂口 智隆
2 (右) 緒方 凌介 2 (三) 川端 慎吾
3 (三) 今成 亮太 3 (二) 山田 哲人
4 (一) 陽川 尚将 4 (指) バレンティン
5 (指) ペレス 5 (右) 雄平
6 (捕) 梅野 隆太郎 6 (一) 荒木 貴裕
7 (中) 横田 慎太郎 7 (遊) 大引 啓次
8 (左) 中谷 将大 8 (捕) 中村 悠平
9 (遊) 北條 史也 9 (左) 山崎 晃太郎

試合内容

ヤクルト打線には早くも主軸クラスが登場しました。それに対して結果の欲しい岩崎優投手が先発のマウンドへ!

一方の野手陣ではセカンド・サード・捕手・外野・外国人枠とアピールを続けなければいけないポジションばかり!

目が離せない一戦となりました。

投手陣の結果

毎回ランナーを背負うも0で切り抜けた岩崎優

1回1安打0点、初回坂口にヒットを許し、暴投で二塁進塁を許します。

2番の川端をセカンドゴロに抑えますが、二塁ランナーが進塁、1アウト三塁。

3番の山田はストレートでセンターへの浅いフライに抑えます。

4番のバレンティンを変化球でレフトフライに抑え、初回は得点圏にランナーを背負うも0で抑えます。

2回は、荒木と中村にヒットを許し、またも得点圏にランナーを背負いますが、要所を締めて0に抑えます。

3回は先頭の坂口にまたしてもヒットを許します。相性が悪いのかもしれませんね。岩崎投手の中で、坂口選手は要注意人物にリストアップされたことでしょう。

しかし、後続の川端をダブルプレーに、そして2度目となる山田哲人もライトフライに抑えました。この回も0で抑えます。

4回は先頭のバレンティンにスライダーをひっかけさせてサードゴロに抑えますが、続く雄平、荒木の連続ヒットを許します。

その後、ボークやフォアボールをしてしまい2アウト満塁のピンチ。

しかし山崎に対しては1度もバットを振らせることなく見逃し三振に斬ってとります。4回もピンチながら0に切りぬけました。

この回で岩崎はマウンドを降ります。とにかく毎回得点圏にランナーを背負いましたが何とか4回を0に抑えました!

結果が全てです。何か手ごたえを掴んでくれると良いのですが。

抜群の安定感!秋山拓巳も開幕1軍へアピール成功!

5回からマウンドに上がったのは秋山投手。

北條選手のエラーで抑えたはずの川端に出塁されてしまいますが、続く中軸の山田、バレンティンを抑えて好調をアピールします。

6回は雄平、荒木、大引を簡単に打ち取って三者凡退!

7回も森岡、山崎、比屋根をあっさりと打ち取り三者凡退!

3回をノーヒット無失点に抑えて最高のアピール成功となりました。

なんか安定感が出てきましたね。川端、山田、バレンティンの主軸に対しても臆することないピッチングは素晴らしかったです。

全投手成績

岩崎:4回6安打1四球、無失点

秋山:3回0安打0四球、無失点

歳内:2回1安打2四死球、1失点

野手陣の結果

凄まじいアピール!横田慎太郎がまた実戦で結果を残した!

練習を見ている限り、実戦では使い物にならないだろう、と金本監督は横田選手のことをそのように評価してきましたが、2度の紅白戦と、楽天との2度の練習試合でホームランやタイムリーヒットなど、結果を残し続けてきた横田選手が、この日も先制となるタイムリーヒットを放ちました。

凄まじいほどの集中力と、試合後のインタビューでは本人も何の球種を打ったかさえ覚えていないほど無我夢中で試合に挑んでいる姿が、見ているこちらも応援せずにはいられません!

以前、「崖の上の横田」の記事で2軍落ちの崖っぷちにいることを書きましたが、もうそんな状態から抜け出せていることは間違いありませんね。

これからもバンバンに結果を残していけば、見えてきますよ外野の1枠が!

そして、また甲子園球場に背番号24が帰ってくる日はそう遠くないでしょう。

セカンド争いはもはやカオス!大和猛打賞で猛アピール!

この日は「1番セカンド」でスタメン出場した大和選手、セカンド争いでは西岡選手、上本選手がアピールし続けていた為、「二塁争い過熱!野球って11人制でしょ?」の記事でも書きましたが、どうしても3番手的な印象に落ち着きそうでしたが、大和選手の意地がこの試合で爆発しました!

初回レフトへのヒットを皮切りに、3回はライトへ、5回はレフトへとヒットを重ね3打数3安打の猛打賞アピールとなりました!

5回裏の守備からライバルの上本選手と交代してお役御免となりました。

大和選手は安定感抜群の守備はもちろんのこと、課題だったバッティングで結果を残しましたね。これでセカンド争いはますます混沌としてきました!金本監督も頭が痛いでしょうね。

全打者成績

大和:3打数3安打、初回レフトへのヒット、3回ライトへシングルヒット、5回レフトへのヒット。 5回裏の守備から上本と交代。

→上本:2打数1安打、6回サードゴロ、8回セカンドへの内野安打。

緒方:4打数0安打、初回レフトフライ、3回ファーストゴロ、5回空振り三振、6回レフトフライ。 6回裏の守備で江越と交代。

→江越:0打数0安打、8回フォアボール。

今成:4打数1安打、初回ヒット、3回センターフライ、5回三振、7回セカンドゴロ。 7回裏の守備で荒木と交代。

→荒木:1打数0安打、8回空振り三振。

陽川:4打数1安打、初回三振、4回サードライナー、5回フォアボール、7回ファウルフライ、9回ライトへヒット。 9回に盗塁を成功させる。

ペレス:3打数1安打、初回三振、4回レフトへのシングルヒット、5回押し出しのフォアボール、7回三球三振。 9回の攻撃で代打新井。

→新井:1打数0安打、9回セカンドゴロ。

梅野:3打数1安打、2回サードゴロ、4回セカンドフライ、5回満塁からセンターへの2点タイムリー! 6回裏の守備で岡崎と交代。

→岡崎:2打数0安打、8回ショートフライ、9回空振り三振。

横田:5打数2安打、2回センターへのヒット&盗塁を試みるが失敗、4回タイムリーツーベース!5回サードゴロ、8回三球三振、9回ショートゴロ。

中谷:4打数1安打、2回レフトフライ、4回見逃し三振、6回ファウルフライ、8回レフトへのツーベースヒット。

北條:3打数2安打、3回ファウルフライ、5回フォアボール、6回レフトへのヒット、8回ショートへの内野安打、相手の送球タイムリーエラー

5回裏の守備でエラー、8回の守備でもエラー。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top