阪神×日ハ

開幕まで2週間となってもなお、確約やれたスタメンが鳥谷選手、ゴメス選手、福留選手の3人だけという各ポジションの争いが厳しい中おこなわれた日本ハムとのオープン戦結果です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0

責任投手/本塁打

勝利投手 [日ハム] メンドーサ(2勝0敗0S)
敗戦投手 [阪神] メッセンジャー(0勝1敗0S)
セーブ [日ハム] 鍵谷(0勝1敗1S)
本塁打 [阪神]
[日ハム] 中田 1号(2回表)

バッテリー

阪神 [投] メッセンジャー → マテオ → 鶴 → 歳内 → 二神
[捕] 岡崎 → 鶴岡
日ハム [投] メンドーサ → 加藤 → 谷元 → 鍵谷
[捕] 大野 → 市川

スタメン

阪神 日ハム
打順 打順
1 (二) 西岡 1 (中)
2 (中) 大和 2 (二) 田中
3 (遊) 鳥谷 3 (右) 近藤
4 (一) ゴメス 4 (一) 中田
5 (指) 福留 5 (指) 大谷
6 (三) ヘイグ 6 (三) レアード
7 (左) 高山 7 (左)
8 (右) 横田 8 (捕) 大野
9 (捕) 岡崎 9 (遊) 中島
先発投手 メッセンジャー 先発投手 メンドーサ

試合内容

試合は両先発と継投のピッチャーが良い状態を披露した投手戦になりました。

阪神は中田翔に浴びたソロホームランにより0-1で日本ハムに敗れました。

投手陣の結果

さすがのメッセンジャー!

先発のメッセンジャー投手は5回を投げて被安打1、与四球2、奪三振6で1失点でした。

初回は2者連続三振などで、完璧な立ち上がりを見せます。カーブが低めに決まっていました。

2回は先頭の中田に対して3ボールとしてしまい、外角低めのカーブをレフトスタンドに運ばれてしまいます。悪くないコースへのカーブだっただけに、打った中田を褒めるしかないでしょう。

ストレートが若干高いのが気になりましたが、緩急をつける岡崎捕手のリードがうまくハマり、奪三振が多かったです。僕の目にはバッテリーいい感じに写りました。

岡崎選手がうまくリードしていましたし、呼吸もあっているように思います。

岡崎選手の開幕マスクが現実となるような気がします。

初のセットポジションを披露したマテオ!

高速スライダーはかなりの武器になりますね。

ランナーを2塁に背負いながら、4番の中田相手に3球連続で投じられたスライダーに中田は3連続で空振り!

セットポジションやクイックも問題なさそうです。

まだまだ回数を見てみないと判断はできないですが、現状では9回を安心して任せられそうです。

野手陣の結果

連続安打継続!高山はほんまもん!

第一打席の初球をたたいた打球はセンターの前にヒット。

直球待ちの中、相手投手が投じたシンカーにうまく対応します。

若干上体を崩されましたが、金本監督がいうように軸がブレない打撃フォームで見事にセンター前に運びました。

高山選手はほんまもんです!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top