阪神×巨人 オープン戦結果速報!2016/3/6おかえり球児

オープン戦で早くも伝統の一戦が実現しました。両チーム新監督同士の新たな阪神巨人戦です。

オープン戦とは思えない虎戦士の闘志むき出しのプレーが見られました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 1
0 0 1 5 0 0 0 0 0 6 12 1

責任投手/本塁打

勝利投手 [阪神] 藤川(1勝0敗0S)
敗戦投手 [巨人] 内海(0勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [阪神]
[巨人]

バッテリー

阪神 [投] 藤川 → 守屋 → 石崎 → 榎田 → 鶴
[捕] 小宮山 → 岡崎 → 梅野
巨人 [投] 内海 → 田原 → 山口 → 土田
[捕] 小林 → 相川

スタメン

阪神 巨人
打順 打順
1 (遊) 鳥谷 1 (中) 立岡
2 (二) 西岡 2 (左) 重信
3 (指) 福留 3 (右) 長野
4 (一) ゴメス 4 (一) ギャレット
5 (三) 新井 5 (二) クルーズ
6 (左) 狩野 6 (指) 村田
7 (中) 高山 7 (三) 岡本
8 (右) 横田 8 (捕) 小林
9 (捕) 小宮山 9 (遊) 片岡
先発投手 藤川 先発投手 内海

試合内容

阪神は先発の藤川投手が力投、初回の立ち上がりに掴まりますが、残る3イニングをピシャリ!後続も0リレーと投手陣は上々の調整ぶりです。

打っては2試合連続の二桁安打で、相手先発の内海から6得点を奪いました。

試合は6ー1で阪神が勝ちました!

投手陣の結果

球児はローテ入り問題なし!

4回を投げて3安打1与四球1失点と好投しました。

甲子園に帰ってきた球児の姿に阪神ファンは大声援で迎えました。

シーズンはまだ開幕していませんが、本当におかえり!よく帰ってきてくれたと言いたいです。

まっすぐもまずまず走っていましたし、変化球も見事に織り交ぜながら、先発仕様の調整は順調のようです。

金本監督は「(開幕ローテに)入ってくるんじゃないかな」とコメントしました。

いや、入るでしょう!もう確定ってことで良いですよ。

守屋→石崎→榎田→鶴の0リレー!

球児のあとを受けて、守屋投手、石崎投手、榎田投手、鶴投手がスコアボードに0を並べてくれました。

なかでも鶴投手が躍動感のあるフォームから見事なコースにストレートを決めていました。

頼もしさを感じます!期待させてくれますね。

榎田投手も安定感があって、結果を残しまくってます。

中継ぎとして復活してくれるでしょう。

野手陣の結果

詰まりながらもゴメスは四番の仕事!

昨日は三塁線に見事なタイムリーを放ったゴメス選手が、今日は相手に先制された状態で同点のタイムリーを放ちました。

当たりは決して良くありませんでしたが、しっかり振り抜いたからこそ、詰まりながらもセンター前に打球を運びました。

さすが四番です。

6連打集中放火!

スタメン出場となった狩野選手のヒットから始まった4回の攻撃は圧巻でした!

高山選手、横田選手、小宮山選手、鳥谷選手、締めくくりは西岡選手の2点タイムリー!

一度乗り出すと手をつけれなくなる打線って、優勝するには必要だと思います。

すごく良い流れでした。久々に気分爽快です!

高山がマルチ安打!横田もアピール継続中!

なんと言っても外野手争いを繰り広げている高山選手と横田選手が元気です。

チームの雰囲気も本当に良いですよね。緊張感もあるし、楽しそうに野球しているように受け取れるし。

盗塁、進塁の意識も高いし、本当に戦う集団になりつつあります。

まだまだこれからですが、試合を見れば見るほどに期待値が上がっていく感覚に襲われています。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top