阪神×ソフトバンク オープン戦結果速報!2016/3/4

阪神タイガースと福岡ソフトバンクホークスのオープン戦2戦目です!

開幕投手候補のメッセンジャー攝津がこの試合で先発!

どんな戦いになったのか、速報で結果をお伝えします!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 2 0 0 0 1 0 0 3 9 1
0 0 2 0 0 1 0 0 0 3 10 1

責任投手/本塁打

勝利投手
敗戦投手
セーブ
本塁打 [阪神]
[ソフトバンク] 柳田 1号(3回裏) 柳田 2号(6回裏)

バッテリー

阪神 [投] メッセンジャー → ドリス → 二神 → 歳内
[捕] 小宮山 → 岡崎 → 梅野
ソフトバンク [投] 攝津 → 柳瀬 → 飯田 → バリオス → 五十嵐 → スアレス
[捕] 鶴岡 → 拓也

スタメン

阪神 ソフトバンク
打順 打順
1 (二) 上本 1 (中) 福田
2 (遊) 北条 2 (二) 本多
3 (指) 西岡 3 (指) 柳田
4 (三) 陽川 4 (一) 内川
5 (一) 今成 5 (左) 長谷川
6 (右) 緒方 6 (三) 吉村
7 (中) 江越 7 (右) 上林
8 (左) 高山 8 (遊) 高田
9 (捕) 小宮山 9 (捕) 鶴岡
先発投手 メッセンジャー 先発投手 攝津

試合内容

この日は両チーム開幕投手と予想されるメッセンジャーと攝津が先発!

前日に続いて試合は両者1歩も譲らず、3-3の引き分けとなりました。

投手陣の結果

 メッセンジャーは4回を2失点!

1回は三者凡退スタートと、素晴らしい立ち上がりを見せます。

続く2回は2安打を許すものの、再びスコアボードに0を並べました。

3回にツーアウトランナー無しから、本多にヒット、続く柳田には外角高めのストレートをレフトスタンドへホームランされてしました。

4回は再び三者凡退で、4回を被安打4、四死球1、失点2の内容でした。

ストレートはまずまず走っていたので、柳田に浴びたホームランは完全に失投を打たれた感じでした。

野手陣の結果

北條が2度のタイムリー!

未来のショートの有望株である北條選手が3回に先制となるタイムリーツーベースを放つと、7回にはレフトへのタイムリーツーベースを放ちます。

鳥谷選手が君臨するショートのポジション、なかなか出場機会に恵まれない苦労も、結果を残せば未来が開けてくるかもしれません。

高山が攝津打ち!

ソフトバンクのエース攝津から高山選手がライト前にヒットを放ちました。

エースクラスの投手に対しても、きっちりと結果を残せるあたり、やはりただものではない感じがします。

しかし、その後はバットから快音は聞けず、3打数1安打という結果でした。

今日は盗塁成功!緒方の気が実る

昨日はマルチヒットと、死球を膝に受けながらも気迫で出場した緒方選手。

昨日は出塁の際に盗塁を試みましたが失敗、そして今日も盗塁を試みて、今度は成功します。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top