阪神×広島試合結果【2016/4/9】江越4試合連続ホームラン

2016年4月9日におこなわれた広島カープとの公式戦結果です。

12345678910
00000002046100
0002000000220

責任投手/本塁打

勝利投手[広島] 永川 (1勝0敗0S)
敗戦投手[阪神] 榎田 (1勝1敗0S)
セーブ
本塁打[阪神] 江越 4号(4回裏2ラン)
[広島]

バッテリー

阪神[投] 岩貞 → 福原 → マテオ → 榎田 → 金田 → 歳内
[捕] 梅野
広島[投] 黒田 → 今村 → オスカル → ジャクソン → 永川 → 中崎 
[捕] 石原 → 會澤

スタメン

阪神広島
打順打順
1(左)高山1(遊)田中
2(中)江越2(二)菊池
3(三)ヘイグ3(中)
4(右)福留4(三)ルナ
5(一)ゴメス5(左)エルドレッド
6(遊)鳥谷6(一)新井
7(二)西岡7(右)鈴木
8(捕)梅野8(捕)石原
9(投)岩貞9(投)黒田
先発投手岩貞先発投手黒田

試合内容

大きくなった江越が帰って来たぜ―!

さらにスケールがでかくなって帰ってきました。

高山、横田に溝を開けられていた右の大砲候補が連日のホームランで難敵黒田から先制の2ランホームランです。

相当悔しかったんでしょうね。この競争がチームにこんなにも勢いをもたらすとは思いもしませんでした。

高山にヒットを打たれてから、続く江越の初球は真ん中にはいるゆるい変化球、力強く江越選手はフルスイングして見事にバックスクリーンに白球が吸いこまれていきました。

そして何よりチームの雰囲気が良いですね。

ホームランの瞬間に、ベンチで両手を上げて一番喜んでいたのは誰あろう横田選手でした。

ライバルの素晴らしい結果を手放しで喜べる、そして自身もそれに負けないように努力する。

こんな姿勢の選手は去年いませんでした。まさに超変革、チームは確実に良い方向に進んでいます。

あらたなるドクターK誕生か!岩貞が圧巻の12奪三振

前回のベイスターズ戦では12奪三振で7回を無失点という好投をみせた岩貞投手ですが、今回はさらに落ち着いたマウンド姿で素晴らしい内容でした。

そして今日も12奪三振で8回途中まで投げて2失点でした。

先発ローテの6番手をがっちりとその手に掴んだと言っていいでしょう。

なによりも腕の振りが良かったですね。ストレートも変化球も思いっきり腕を振って投げていました。リードする梅野にも信頼を寄せているようで、リズムよくピッチングをしていました。

打者も若手が頑張ってますし、投手も岩貞のように若手が出てきてくれると嬉しいですね。

しかし、試合は阪神タイガースが広島カープに2-6で敗れました。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top