阪神×巨人試合結果速報【2016/4/5】とらほー祭りじゃー!

2016年4月5日におこなわれた読売ジャイアンツとの公式戦結果です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 3 0 0 4 0 0 0 8 10 0
1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 6 0

責任投手/本塁打

勝利投手 [阪神] 藤浪 (2勝0敗0S)
敗戦投手 [巨人] ポレダ (1勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [阪神]
[巨人] 堂上 1号(7回裏ソロ)

バッテリー

阪神 [投] 藤浪 → 榎田
[捕] 梅野
巨人 [投] ポレダ → 土田 → 小山
[捕] 小林 → 加藤

スタメン

阪神 巨人
打順 打順
1 (左) 高山 1 (右) 長野
2 (中) 横田 2 (中) 立岡
3 (三) ヘイグ 3 (遊) 坂本
4 (右) 福留 4 (一) ギャレット
5 (一) ゴメス 5 (二) クルーズ
6 (遊) 鳥谷 6 (左) 堂上
7 (二) 西岡 7 (三) 村田
8 (捕) 梅野 8 (捕) 小林
9 (投) 藤浪 9 (投) ポレダ
先発投手 藤浪 先発投手 ポレダ

試合内容

一回の攻防では、互いに先頭打者の高山と長野が出塁、そして4番にタイムリーヒットが出るという一進一退の攻防が繰り広げられました。

 

やられたらやり返す、面白い展開になります。

 

同点のまま迎えた3回、打者藤浪がヒットで出塁すると、2打席連続ヒットで高山がチャンスを拡大します。

 

2番横田の内野安打の間に阪神が1点を勝ち越し。

 

さらに満塁となった1打席目でタイムリーを放っている4番福留がきっちり犠牲フライを放ちます。さすが福留選手、満塁になった時の最低限の仕事を難なくこなしてくれました。

 

まだ続きますよ。ゴメスが空振り三振に倒れた時に一塁ランナーのヘイグが盗塁成功!と思ったのも束の間、三塁走者の横田がホームスチールを成功させました。

 

こういう野球を、去年は散々相手にやられてきて悔しい思いをしまくったんで、相手はかなりイライラさせられているはずです。

 

でっかいホームランの空中戦もできますし、こういう足を絡めた攻撃ができるのも今年の魅力です。

 

さらに今日は足、足、足です。

 

6回にはなんとゴメスが盗塁成功させます。

 

もうね、今年の阪神おもろすぎでしょ。

これですよ、これ。

 

ほんで次の鳥谷も気持ち良く三遊間にヒット放ちました。

 

流れが良すぎます。そして西岡の内野ゴロの間にゴメスが本塁に突入!バッター西岡までセーフになって、また内野安打で得点が入りました。

 

昨年苦しんだポレダに対しての攻め方を首脳陣は必死に考えた結果、導き出した答えが「足の攻撃」でした。

 

もう完全にポレダは平常心を失います。

 

ツーアウトとして迎えた藤浪に対してフォアボール、続く高山の場面ではボークまでしでかします。

 

最後のメインディッシュがありますよ。

 

ふらふらと耳から煙が出てるポレダに対して、高山選手がトドメの2点タイムリーヒット!

 

こんなに痛快な東京ドームでのG戦は久々です。愉快痛快、酒が進む。

 

去年苦しめられたポレダが抱いた今年のタイガース打線のイメージは衝撃でしょうね。巨人の首脳陣が上手くケアしないと、ポレダ壊れますよ。

 

少なくとも阪神との試合はしばらく嫌でしょうね。それぐらいに強いインパクトを与えてくれました。

 

藤浪も好投してくれました。

8回を投げて2失点、奪三振は12でした!

 

そして高山選手が4安打の大活躍で、東京の巨人ファンに強烈な印象を与えましたね。

 

試合は阪神が巨人を8-2と圧勝しました。明日も勝つ!

 

とらほー!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top