阪神×横浜DeNA試合結果速報【2016/4/2】岩貞好投!鳥谷初打点!

2016年4月2日におこなわれた横浜DeNAベイスターズとの公式戦結果です。

123456789
0000020035100
000000000040

責任投手/本塁打

勝利投手[阪神] 岩貞 (1勝0敗0S)
敗戦投手[DeNA] 久保 (0勝2敗0S)
セーブ
本塁打[阪神]
[DeNA]

バッテリー

阪神[投] 岩貞 → 福原 → 高宮
[捕] 梅野
DeNA[投] 久保 → 平田 → 福地
[捕] 戸柱

スタメン

阪神DeNA
打順打順
1(左)高山1(三)白崎
2(中)横田2(中)荒波
3(三)ヘイグ3(一)ロペス
4(右)福留4(左)筒香
5(一)ゴメス5(右)ロマック
6(遊)鳥谷6(二)宮崎
7(二)西岡7(捕)戸柱
8(捕)梅野8(遊)倉本
9(投)岩貞9(投)久保
先発投手岩貞先発投手久保

試合内容

ようやく鳥谷にタイムリー!

ここまで打率が1割をきっていたキャプテン鳥谷に待ちに待ったタイムリーが飛び出しました。

当たり自体は悪くなく、ヒットにならなかっただけという不運が続いていたので本人もチームもファンも嬉しい一打になりました。

6回表でツーアウト満塁の場面で、久保の外角ストレートを逆らわずに弾き返した打球は二遊間に強い当たりが、飛び付いたショートも取れないほどの早い打球が外野へ抜けていくと、スタジアムの阪神ファンはお祭り騒ぎに。

本当に嬉しいタイムリーになりました。

岩貞が素晴らしい投球!

今季初先発のマウンドになった3年目の岩貞投手が素晴らしいピッチングを披露しました!

7回を投げて108球、被安打が4、与四球が1、奪三振は12、無失点という内容でした。

ストレートが良かったですね。その直球が武器であるチェンジアップをさらに引き立てていました。あとは気持ちが入っていたのが一番大きかった。向かっていく姿勢、気持ちが現れていました。

筒香との3打席目では、梅野のサインに首を横に振ってインコースにストレートを投じる場面が印象的でした。

こういう投球が見たいんですよ。打たれても勝負に行って打たれたら仕方ないことなんで、かわして逃げるのも無駄やとは言いませんが、若いうちは勝負、勝負ですよ。

リードする梅野とも呼吸はそこそこ合っていたように思います。

梅野も内角要求やストレート要求を効果的にリードしてましたし、日々成長している証拠ですね。

9回には高山にも2点タイムリーが生まれ、結局、試合は阪神が横浜に5-0で勝ちました。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top