ドラフト2016高校投手【予想候補】磨けば光る14人の逸材

いよいよ開幕する2016年、

夏の全国高校野球選手権大会。

今年もたくさんのドラフト候補が、

夏の甲子園で凌ぎを削る。

栄冠のその先へ。

プロ注目の選手が躍動する。

今回は「高校投手編」として、

スカウトが注目する14人を

ピックアップした。

また、以下の記事もあわせて確認してみて欲しい。

ドラフト2016候補社会人19選!即戦力の実力者がゾロゾロ!
ドラフト候補大学生投手18人!2016年は豊作の年
ドラフト2016候補大学野手20人!大谷藤浪世代の寵児たち
Oeil et test de vision ドラフト2016候補【高校野手】スカウトが厳選した15人

2016年夏の甲子園出場投手 (11人)

藤平 尚真

藤平尚真

名前: 藤平 尚真 (ふじひら しょうま)

学校: 横浜(神奈川)

投打: 右/右

生年月日: 1998年9月21日

身長/体重: 186cm/79kg

メモ:

最速 152km/h という速球を持つ本格派右腕。

鋭いキレのスライダーも一級品。

何よりも恵まれた体格とマウンドでの

振る舞いがエースピッチャーとして

絵になる投手である。

その実力は折り紙付きだが、

以外にも甲子園は未経験。

最後の夏に初めて大舞台を踏むことになった。

松坂大輔を育てた名将・渡辺元智(前監督)

に「甲子園に立たせたい逸材」と

最高の評価をもらっている。

全国屈指の激戦区である神奈川の代表を

ようやく掴んだ最後の夏。

われわれはまた、

新たな怪物に出会うかもしれない。

藤嶋 健人

藤嶋健人

名前: 藤嶋 健人 (ふじしま けんと)

学校: 東邦(愛知)

投打: 右/右

生年月日: 1998年5月8日

身長/体重: 175cm/78kg

メモ:

高校1年夏の甲子園に出場した経験がある。

三振を奪うごとに雄たけびを上げる

気迫のこもった投球スタイルは

3年となった今も健在だ。

楽天の松井のようなスラーブを持ち球として、

なかなか打てる球ではないとスカウトも

絶賛している。

投げるだけでなく打撃でも4番打者として、

長打力もあわせ持っている。

プロのスカウトは外野手として

右の大砲として評価する人もいる。

敦賀気比(福井)の山崎(3年)、

創志学園(岡山)の高田(3年)と

「高校ビッグ3」と評価されている。

寺島 成輝

寺島成輝

名前: 寺島 成輝 (てらしま なるき)

学校: 履正社(大阪)

投打: 左/左

生年月日: 1998年5月8日

身長/体重: 182cm/86kg

メモ:

クセのない美しい投球フォームから

最速149km/hを計測するストレート、

スライダー、カーブ、フォーク、

チェンジアップ等の多彩な変化球を投じる。

高校生左腕ビッグ2として、同じ大阪の

桐蔭・高山と並ぶ逸材。

2016年の甲子園は惜しくも敗退した高山

のためにも、大阪代表として

甲子園優勝を目指す。

コントロールの乱れもない為、死角がない。

中学3年時には日本代表チームの

エースとして世界一を経験。

その実力を数々の舞台で披露してきたが、

唯一、経験したことのない舞台、

それが甲子園だった。

3年夏に悲願の甲子園切符を獲得した

左腕が、2016年夏の中心になる。

高田 萌生

高田萌生

名前: 高田 萌生 (たかだ ほうせい)

学校: 創志学園(岡山)

投打: 右/右

生年月日: 1998年7月4日

身長/体重: 178cm/72kg

メモ:

松阪二世

人は高田のことをそう呼ぶ。

その最大の要因は投球フォームと、

最速 154km/h を誇るストレートにある。

岡山代表として初出場となる創志学園高校の

エースとして、甲子園のマウンドで

躍動する高田の姿が待ち遠しい。

また、各球団スカウトの評価も様々で面白い。

楽天・山下スカウトは

「フォームが高校時代の松坂に似ている。

来年の指名候補に入ってくる」と

熱い視線を送った。

「将来性では高田が一番あるのでは」と

評価するスカウトもいれば、

「高田は、松坂と比べるのはまだ可哀想。

勢いも安定感もレベルがかなり違う」

などの厳しい見方をするスカウトもいた。

東邦(愛知)の藤嶋(3年)、

敦賀気比(福井)の山崎(3年)と

並んで、高校ビッグ3を形成している。

高橋 昂也

高橋昂也

名前: 高橋 昂也 (たかはし こうや)

学校: 花咲徳栄(埼玉)

投打: 左/左

生年月日: 1998年9月27日

身長/体重: 181cm/83kg

メモ:

最速152km/hのキレの良い直球を武器に

空振りを奪うことができる球を豊富に持つ。

フォークやスライダーも一級品だ。

2年春には練習試合ながら、東海大仰星を相手に

15奪三振でノーヒットノーランを達成した。

2年夏には甲子園を経験。

ベスト8まで駒を進めている。

秋の公式戦では48試合に投げ、

55奪三振で防御率は1・50。

レベルの高い埼玉県予選を37回で

52奪三振無失点と、非の打ち所がない。

甲子園の活躍次第では、ドラフト1位指名が、

複数球団から来ることも予想される。

早川 隆久

早川隆久

名前: 早川 隆久 (はやかわ たかひさ)

学校: 木更津総合(千葉)

投打: 左/左

生年月日: 1998年7月6日

身長/体重: 178cm/72kg

メモ:

センバツで大阪桐蔭を倒した左腕が

夏の甲子園に帰ってきた。

強打の大阪桐蔭から9回5安打1失点で

完投勝利を挙げベスト8まで進出した。

なによりも安定感がある投手で、

チェンジアップやカーブを低めに集め、

勝負どころを知っている実戦派だ。

球速 144km/h と球速アップが課題だが、

変化球と投球術は抜群なものを持っている。

腕のしなりを利用した投球フォームは、

打者の体感速度を計測表示以上にする。

鈴木 昭汰

鈴木昭汰

名前: 鈴木 昭汰 (すずき しょうた)

学校: 常総学院(茨城)

投打: 左/左

生年月日: 1998年9月7日

身長/体重: 175cm/72kg

メモ:

2年秋の関東大会では、横浜・藤平に

投げ勝ち、準優勝に貢献した。

3年春のセンバツでは、鹿児島実業に

8回を9安打4失点と打ちこまれた。

最速は 143km/h だが、キレのいい

スライダーを軸に、変化球の

コンビネーションは光るものがある。

春に置き忘れた夢を取り戻すため、

夏の甲子園のマウンドにあがる。

アドゥワ 誠

アドゥワ誠

名前: アドゥワ 誠 (あどぅわ まこと)

学校: 松山聖陵(愛媛)

投打: 右/右

生年月日: 1998年10月2日

身長/体重: 196cm/86kg

メモ:

ナイジェリア人の父と、バレーボール

選手だった日本人の母を持つ。

2メートル近い身長から投げ下ろされる

球筋は、高校生打者に衝撃を与える。

最速は145km/h で、カーブ、スライダー、

チェンジアップが主な持ち球だ。

角度のある直球と、落差のあるカーブ、

チェンジアップのコンビネーションで、

甲子園を勝ち進むことができるか。

素材は抜群で、磨けば将来

大化けするかもしれない。

京山 将弥

京山将弥

名前: 京山 将弥 (きょうやま まさや)

学校: 近江(滋賀)

投打: 右/右

生年月日: 1998年10月2日

身長/体重: 183cm/72kg

メモ:

最速145km/h で伸びのある直球と

カーブ、スライダーが武器。

バランスの良い癖の無いフォームをしている。

将来性を感じさせる投手で、スカウトの

評価も高い。

2年春のセンバツで聖地のマウンドを経験。

滋賀県予選を無失点で切り抜けたエースだ。

今井 達也

今井達也

名前: 今井 達也 (いまい たつや)

学校: 作新学院(栃木)

投打: 右/右

生年月日: 1998年月日

身長/体重: 180cm/70kg

メモ:

スリークォーターから投じる

最速149km/h の速球が魅力の本格派。

コントロールに課題を残すが、

それはつまり伸びシロがまだまだ

ということも言える。

完成していない荒削りな投手と言えるが、

各スカウトは、素晴らしい素材であると

評価している。

ドラフト1位とはいかないまでも、

下位での指名もありうる。

まずは夏の甲子園でどのようなピッチングを

披露してくれるのか、注目したい。

村上 頌樹

村上頌樹

名前: 村上 頌樹 (むらかみ しょうき)

学校: 智弁学園(奈良)

投打: 右/左

生年月日: 1998年6月25日

身長/体重: 173cm/75kg

メモ:

2016春のセンバツを制した右腕。

最速 145km/h のストレートに、

スライダー、カーブ、チェンジアップ、

フォークと球種も多彩である。

空振りの取れるストレートを武器に

春夏連覇を目指す。

県予選では、公立の磯城野、郡山をなんとか

延長で振り切り、奈良大会決勝では、

ライバル天理に最終回に1点差にまで

迫られる苦しい展開を見せるも、

なんとか退けて、夏の切符を手に入れた。

調子はいまひとつだが、

負けないのは力がある証拠である。

甲子園出場を逃した逸材投手 (3人)

山崎 颯一郎

山崎颯一郎

名前: 山崎 颯一郎 (やまざき そういちろう)

学校: 敦賀気比(福井)

投打: 右/右

生年月日: 1999年6月15日

身長/体重: 188cm/85kg

メモ:

将来的な可能性を秘めている投手として、

早くから注目されてきた右腕。

188cmの長身と、

しなやかな投球フォームから、

「北陸のダルビッシュ」と呼ばれている。

最速145km/h のストレートは、

まだまだ速くなる余地がある。

変化球はカットボール、スライダー、

カーブ、チェンジアップなど。

3年春のセンバツでは、初戦で

青森山田高校を4安打9奪三振に抑え

完封勝利。

あるスカウトマンは

「山崎はもっとスピードが出る。藤浪(阪神)のようになれるのでは」

と、評価している。

高山 優希

高山優希

名前: 高山 優希 (たかやま ゆうき)

学校: 大阪桐蔭(大阪)

投 打: 左/左

生年月日: 1999年5月17日

身長/体重: 180cm/72kg

メモ:

近年、プロ野球選手を多く輩出している

学校といえば、大阪桐蔭をおいて他にない。

日本中のプロ野球ファンが注目する左腕が、

高山だと言っても過言ではないだろう。

最速 150km/h のストレートと、

カーブ、スライダー、スプリットの

変化球を軸にしたスタイル。

センバツ、一回戦では高知の土佐を相手に

8イニングを2安打、8奪三振の

無失点に抑えた。

スカウトマンからはマウンドさばきを

評価されているようで、

局面によってもボールやフォームが

変わらないところが、プロ向きだという。

高山投手はかなりの阪神ファンのようで、

目標に掲げる選手も当然、阪神の投手。

一人は藤川球児。

「真っすぐの質は憧れ。あの火の玉ストレート、自分も伸びていく球を投げたい。狙っていても打者が打てない、あの球を」

もう一人はやはり、藤浪晋太郎だ。

「タイプ的に似ているかなと思う。躍動感があるので自分もそうなりたい」

12年春夏連覇を成し遂げた先輩を

追い越すだけの大投手になれるか。

古谷 優人

古谷優人

名前: 古谷 優人 (ふるや ゆうと)

学校: 江陵(北海道)

投打: 左/左

生年月日: 1999年2月19日

身長/体重: 177cm/76kg

メモ:

速球派の左腕が豊作の今年の

高校生ドラフト候補の中で、

もっとも速い球を投げた投手。

最速は154km/h 。

変化球はカーブとスライダーがメインで、

フォークやチェンジアップも使う。

北海道大会の準決勝で滝川西に敗れて、

甲子園の夢は潰えた。

大会での連投が古谷を本来の姿にさせなかった。

144球、翌日にも133球を投げていた。

プロか進学かは、顧問の監督と協議して

決めるという。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top