阪神メッセンジャー「キレなかった」雨の力投!

あっ、ヤバいかも。

ヒヤヒヤさせられた場面が

6回の甲子園に訪れます。

それまで完璧な投球で抑えていた

先発のメッセンジャーが、

突如として乱れました。

これは悪い時のメッセが顔を

覗かせるんじゃないか。

恐る恐る見ていましたが、

メッセンジャーは踏ん張りました。

セ・リーグトップタイの奪三振!

4者連続三振を奪うなど、

五回までパーフェクトピッチでした。

ところが、6回に先頭を

フォアボールで歩かせてから、

まさかの4連打。

メッセ自らのミスが出て、

帽子のひさしの水を

手でピゃッと振り払う仕草を見て、

あぁ、いらだってらっしゃる。

と不安を覚えました。

それでもその後は、なんとか

踏ん張りましたね。

梶谷はファールフライ。

筒香は空振り三振。

最後の宮崎はサードの北條が

ファインプレーで

アウトにしてくれました。

試合後のインタビューでは、

「マウンドに上がる以上、いつも『勝ちたい』という強い気持ちを持っている。最近、チームも厳しい試合が続いていたし、なんとか勝ちたかったよ」

それでもピッチング内容を

振り替えると、

「今年一番の内容だったが、6回、自分のピッチングができなかったので、なんとかリードをあるまま抑えられたのは良かったんですが、悔しいです」

と、悔しさもにじませました。

お立ち台では雨の中、

最後まで残って応援してくれた

ファンに対して、

熱いメッセージをくれました。

「皆さんは日本で一番のファン。いつもすばらしい声援をありがたく思っています。なんとかチームとしても、巻き返していきたい」

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top