阪神藤浪が1イニング4奪三振!珍記録も5連敗!エースが心配

2016年7月29日 甲子園

阪神1―3中日

4連勝中でチームに勢いが出ていたところで、

7試合勝ち星から遠ざかっている

エース藤浪投手が登板。

そして、鶴岡選手とのバッテリーを

選択した金本監督は、

好調の原口選手をベンチスタートに。

休ませるという意味も込めたそうですが、

選手時代に休まなかった金本監督が言っても、

いまいちピンときませんね。

せっかくチームに勢いが出て4連勝したのに、

その立役者の原口選手をスタメンで

出さないという采配には、

さすがに僕も納得できないです。

相手の谷繁監督からしたら、

「やった!原口外したよ」

1イニング4奪三振の珍記録!

初回の立ち上がりは大島、工藤を

連続三振に打ち取りました。

上々のスタートを切ったのも束の間、

続くエルナンデス、ビシエドに連打。

そして平田にホームランを浴びて、

一気に3失点。

2回から無失点で切り抜けるも、

打線の援護なく7敗目となりました。

7回に、三振振り逃げを含む1イニング

4奪三振のプロ野球タイ記録をマーク

しましたが、勝ちがつかなかったことが、

心配です。

エースで連勝を止めたのも痛い。

連敗したら意味ないから、

土曜日は勝利するしかないですね。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me

Back to top