阪神のサターホワイトが実戦デビュー!実力は?

シーズン途中から、中継ぎの

テコ入れとしてアメリカの

エンゼルス3Aから獲得した

コーディ・サターホワイト投手が

26日に鳴尾浜で行われた練習で、

シート打撃に初登板しました。

その実力はどうなんでしょうか。

スポンサーリンク
ad1

サターホワイトは救世主になるか?

シート打撃では、打者5人と対戦。

1安打1四球3奪三振という

まずまずの結果でした。

視察した掛布雅之2軍監督は、

「期待できる」と期待を寄せました。

予定では28日に鳴尾浜球場での

箕島球友会との練習試合で

実戦デビューとなりそうです。

制球力に自信があるとのことなので、

大崩れしないタイプなのかと思います。

ですが、シーズン途中に

アメリカから来るような選手なんで、

あまり期待を抱きすぎない方が

良いのかもしれません。

ふたあけてみたら活躍した!ぐらいの

心持ちで見ていたいと思います。

初の実戦形式の登板を終えた

サターホワイト投手は、

「感覚はグッドでした。球は高めでしたが、真っすぐとフォークがよかったね。スライダーは“OK”ぐらい。最初の2球種がよかったよ」

と、手応えを話しています。

その様子を視察した掛布2軍監督は、

「球を低めに集められるし、落ちるボールも制度が高い。彼がやってきた野球を考えると期待できますね」

と評価するとともに、28日の

箕島球友会との練習試合で

実戦デビューすることも示唆しました。

暗く沈みがちなタイガースに

明るい雰囲気を持ってこれるか、

シーズン途中から加入した

外国人投手にそれを求めるのは

酷かもしれませんが、

そうなってくれたら

嬉しいですよね。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る