阪神がヘイグを解雇!帰国してそのまま退団へ!

早くも来季に向けて球団の人事が動き出した。

阪神タイガースはマット・ヘイグ内野手と来年の契約を結ばないことを発表。

痛めている右肩の検査と治療のため、既にヘイグは9月12日、米国に帰国している。

再来日の予定はなく、シーズン終了後に解雇となる見通しだ。

スポンサーリンク
ad1

キャンプからケガに泣かされてきた!

今年はシーズンの前半戦のみ一軍で試合に出場していて、ケガで二軍落ちを経験してからは一度も一軍昇格できずに、そのまま退団することとなった。

31試合の出場で、

打率・231、2本塁打、11打点。

思えば2月にキャンプインしてから、1週間経過したあたりで脇腹をケガして数日間離脱。

オープン戦でも思うような結果は残せず、そのままシーズン開幕してからは「わざわざ獲得したから」という理由でスタメン出場していましたが、明らかに実力不足だったかな、と。

長打があるわけでもない、ヒットメーカーってわけでもない、守備もうまくないし、足も速くない。

助っ人外国人ってのは、ほんま獲得してから試合で使ってみないとわからないですね。

「この外国人、大丈夫?」ってオープン戦とかで心配になった選手がシーズンで爆発したり、その逆もあるわけでしょ。

今回のヘイグに関しては、ケガして復帰できず、シーズン終了を待たずに帰国して、そのまま退団パターン。

ウィリアムスの最後の年も、そんなんでしたね。

ありがちなパターンなんでしょう。

早くケガを治して、野球は続けて欲しいですね。ヘイグには、少しだけ夢を見させてもらいましたからね。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る