阪神ドラフト2016速報!指名選手まとめ一覧

今年も運命のドラフト会議が終わった。

選手の一生

選手の家族の思い

球団の将来

ファンの期待

多くの人々の気持ちが集約されたドラフト会議に、僕をはじめとしたファン達は固唾を飲んで見守った。

阪神タイガースに指名された選手達がどのような活躍を見せてくれるのか、今から考えただけでもワクワクする。

2016年は豊作の年として、ドラフト会議の直前まで1位指名選手を絞れない球団が相次ぐなか、阪神も選手選考に難航した。

競合必至の実力者がズラリと並んだ1位指名選手。

ただ、間違ってはいけないのが、1位で指名されたから必ず活躍するという保証はない。

下位指名でもプロ入り後に活躍した選手はたくさんいる。

ようはプロに入ってから、どこまで結果を残せるかだ。

ここからが本当のドラフト、指名された選手がタイガースの中心となって、球史に名を残すことができるのか注目したい。

では、2016年のドラフト会議で阪神タイガースが交渉権を獲得した指名選手を見ていこう。

スポンサーリンク
ad1

ドラフト2016阪神指名選手

ドラフト1位

大山 悠輔 (白鴎大) 内野手

ドラフト2位

小野 泰己 (富士大) 投手

ドラフト3位

才木 浩人 (須磨翔風高) 投手

ドラフト4位

濱地 真澄 (福岡大大濠高) 投手

ドラフト5位

糸原 健斗 (JX-ENEOS) 内野手

ドラフト6位

福永 春吾 (徳島インディゴソックス) 投手

ドラフト7位

長坂 拳弥 (東北福祉大) 捕手

ドラフト8位

藤谷 洸介 (パナソニック) 投手

ドラフト1位指名となった大山選手の記事も、ご参考までに

ドラフト1位指名の大山悠輔選手の記事
ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る