上本博己も爆発で二塁争い過熱!野球って11人制でしょ?

16日の楽天との練習試合で、逆転のツーランホームランを放った西岡選手。

14の紅白戦では快音がなく、4打数ノーヒットだったこともあって最高の「巻き返しアピール」となりました。

これでセカンドのレギュラー争奪戦がいちだんと難しくなりました。

上本選手も14日の紅白戦では、能見・メッセンジャー・ドリス・高橋と投手陣の主軸クラスから4打数4安打の固め打ち!さらに盗塁まで1つ決めました。

金本監督は第3クールのMVPに上本選手を選びました。

練習試合の楽天戦では、盗塁とスリーベースヒットを放って好調を維持しています。

試合で熱くアピールする上本選手ですが、グラウンドの外房では寡黙な男です。

記者からの質問にも「(調子は)まだわからないです」と言葉少なでした。

楽天戦のあとの金本監督は「(セカンドについては)全員使いたいね」と嬉しい悩みを打ち明けました。

スポンサーリンク
ad1

金本監督からの金言!インプットして二塁確保へ

セカンドのポジションは譲らない。

上本選手の「虎トラ選手名鑑」でも紹介しましたが、やっぱりこの選手は闘志がスゴい。

言葉や行動でアピールする西岡選手とは真逆で、言葉少なくプレーの結果でアピールして気迫が伝わってくる選手です。

金本監督が就任してからは、打撃に改良を加えてきました。

「練習からフルスイングを心がけろ」

そんな監督からのアドバイスを実践してきたことが、ここまで発揮できています。

浜中打撃コーチは「昨年まではスイング時のポイントが捕手の方に近くなっていた。引っ張ったらいけない、という思いだろうが、これでバッティングが窮屈になっていた。今年は違う」と上本選手の成長ぶりを認めました。

また、金本監督は「上本は打撃でつかんだものが、何かあるんじゃないですかね。もともと、いやらしい、しぶとい打者」とコメント。

上本選手も良い、西岡選手もやはり良い。大和選手も打撃が上り調子。

金本監督が全員使いたい と言った言ったことがわかります。

たしかセカンドって3人まで選手起用して良かったですよね。野球ってサッカーと同じで11制だったような気が。

そんな冗談を言いたくなるぐらい、セカンド争いはヒートアップしています。

ここから1ヶ月ちょっと、開幕のセカンドはいったい誰が守っているのか。

現段階では予想がつきません。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る