坂本誠志郎捕手の守備に加え打撃も評価!キャンプ【動画あり】

ルーキーの中で唯一の一軍宜野座キャンプに胎動しているドラフト2位の坂本誠志郎捕手が、定評のあった守備に加えてバッティングでもアピールをしています。

脱落することなく、積極的に正捕手争いに食い込んでいます。

さらに11日におこなわれた紅白戦では、初の実戦デビューとなり、白組の9番・DHでスタメン出場しました。

スポンサーリンク
ad1

初打席でプロ初安打&初打点をマーク!

2回ツーアウト、一、二塁の場面で回ってきた初打席で、紅組先発の岩貞に対して、カウント3-1から三遊間を抜けるヒット

二走の横田が一気に本塁に生還して、プロ初打点もつきました。

この日は、立ち見が出るほどにファンが詰めかけていて、盛り上がりをみせた観客席から温かい拍手がわき起こりました。

甲子園で大歓声を受ける日も、そう遠くないでしょうね。

では、その場面を見てみましょう。

坂本選手は「良い球がきたら1球目からいこうと思っていたけど、ファーストストライクを見逃してしまった。カウントが悪かったのでどんどん打ちにいこうと思っていました。実戦の方が(練習よりも)入っていきやすかった。積極的にいって初めてわかることもあるので、今後も積極的にやっていきたいです」とパーフェクトな回答でした。

守備でもアピール成功!

守備では四回からマスクをかぶりました。岩崎投手と1回、鶴投手と2回バッテリーを組み、3回を無失点に導きました。

ストライクゾーンを広く使ったリードで、しっかりと守備面でもアピールすることに成功しました。

鶴岡、梅野、岡崎との正捕手争いはバチバチ状態に入ってきましたね。

さらに翌日の練習では、ブルペンで投手の球を受け終えた後に、今年から導入される新ルールを確認するために審判の元へ。

本塁での衝突を禁止するコリジョンルールにおける捕手のポジションなどを確認するためでした。

「どれが良くて、どれがダメなのか。現時点での確認です。難しいが、ルールの中でできるようにやっていきたい」としっかりと順応するために意欲的でした。

さらに現在の自分の立場も踏まえたコメントも素晴らしいです。

「競争は横一線と言われている。生き残っていくために、しなければいけないことがたくさんある」

守備と打撃の両方でアピールを続けて、開幕一軍を勝ち取れるか見物です。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る