阪神の横山雄哉がプロ初勝利!昨年ドラフト1位左腕

2014年のドラフト1位指名で阪神に入団した横山投手が、5月4日のナゴヤドームで中日相手に7回を投げて無失点の快投を見せて、プロ初勝利をあげました。

22歳の左腕は、ルーキーイヤーの昨年は1軍で4試合に登板するも勝利は上げられず、金本監督体制になってから若手を積極的に起用するチームの中で、また1人、新しい一歩を刻んだ若トラが現れました。

昨シーズンから続いていた苦手のナゴヤドームでのチーム連敗を6で止めました。

スポンサーリンク
ad1

緩急を活かした投球

真っ直ぐは威力があり、カーブ、スライダー、フォークなどの変化球もキレは抜群でした。リードする原口捕手との呼吸も素晴らしく、緩急を活かした投球で中日打線を0に抑えました。

今シーズンの中日ドラゴンズとの対戦では苦しめられていたチームに明るい希望の光が差し込みましたね。

プロ初勝利をマークした横山投手は「何とか抑えられて良かった。初勝利まで長かったですけど、今はホッとしてる。きょうで満足することなく、次の試合もしっかり抑えられるように頑張ります」と喜びを噛み締めつつも、まだまだここからがスタートであることを強調しました。

本当に今年の阪神は「初」が多いですね。バンバン若手を起用する金本監督の姿勢がチームに若い勢いを与えてくれているといえるでしょう。

でも、まだまだ安定した戦力とはいえないので、これからはチームのエースとなれるように横山投手の成長に期待しましょう。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る