プロが手本にしたい投手ナンバー1の安藤優也が制球力で阪神を優勝へ【虎トラ選手名鑑】

プロから認められるプロ。

 

様々な業界で、玄人好みされる職人肌の人間というのが必ず存在する。

 

今回紹介する選手も、その一人です。

 

プロのピッチャーがこぞって「理想の投球フォーム」と口を揃える、そんな選手。

 

プロになるだけでもすごいのに、そのプロ達から一目置かれるというのは想像もできない能力を持っていると言えます。

 

あの藤川球児でさえも、理想のフォームにこの選手の名をあげました。

 

今回の【虎トラ選手名鑑】は安藤優也投手です。

スポンサーリンク
ad1

プロフィール

16安藤優也

基本情報

氏名:安藤 優也 (あんどう ゆうや)

国籍:日本

出身地:大分県大分市

生年月日:1977年12月27日

身長:184 cm

体重:98 kg

血液型:O型

選手情報

投球/打席:右投/右打

ポジション:投手

背番号: 16

プロ入り:2001年 (自由獲得枠)

一軍初出場:2002年4月7日 (対ヤクルト戦)

オールスター出場:なし

野球経歴

大分県立大分雄城台高等学校

法政大学

トヨタ自動車

阪神タイガース (2002 – )

☆2004アテネオリンピック日本代表 (銅メダル獲得)

成績

投手成績












2002 17 8 0 0 3 5 0 40 25 3.77
2003 51 0 0 0 5 2 5 60 11 1.62
2004 57 0 0 0 5 8 5 72 24 3.58
2005 24 23 3 0 11 5 0 0 119 55 3.39
2006 31 20 2 1 10 3 0 3 103 48 3.35
2007 8 6 0 0 2 3 0 1 17 16 4.36
2008 25 25 2 0 13 9 0 0 111 55 3.20
2009 28 28 2 0 8 12 0 0 97 71 3.90
2010 19 9 0 0 2 3 0 0 31 42 7.27
2011 1 1 0 0 0 0 0 0 1 3 16.20
2012 13 13 0 0 3 7 0 0 42 33 4.05
2013 58 0 0 0 4 2 1 23 32 13 2.28
2014 53 0 0 0 6 2 0 23 41 20 3.80
2015 50 0 0 0 5 4 0 15 32 15 3.02
通算:14年 435 133 9 1 77 65 11 65 798 431 3.60

その他成績

獲得タイトル

なし

表彰

月間MVP:1回 (2006年9月)

記録

初奪三振:2002年4月7日 (ヤクルト 岩村明憲より)

初勝利:2002年4月14日 (対横浜ベイスターズ)

初セーブ:2003年5月3日 (対ヤクルト)

初完投勝利:2005年7月25日 (対読売ジャイアンツ)

初完封勝利:2006年9月3日 (対横浜ベイスターズ)

1000投球回数:2014年5月13日 (対広島)

年俸推移

年 度 推定金額 増 減 複数年
2002 1500万
2003 1500万
2004 4100万 ↑2600万
2005 4600万 ↑500万
2006 7800万 ↑3200万
2007 9800万 ↑2000万
2008 7800万 ↓2000万
2009 12000万 ↑4200万
2010 11000万 ↓1000万
2011 7700万 ↓3300万
2012 5800万 ↓1900万
2013 5000万 ↓800万
2014 7500万 ↑2500万
2015 8500万 ↑1000万

プレースタイル

ゆっくりと滑らかな投球フォームから平均144km/hの直球と、フォークボールを中心にした変化球で打者を打たせて取るスタイルのピッチャー。

かつては最高球速151km/hのストレートを投げていたが、年齢とともに球速は落ちてきている。

しかし、年齢を重ねても落ちない武器が安藤にはある。

それは制球力だ。

とくに右打者の外角へ決まるストレートのコントロールは見事としか言いようがなく、ストレートと同じコースに投げられるスライダーやフォークボールで三振を奪う場面も見られる。

かつては二段モーションの投球フォームで打者のタイミングをずらそうとしていた時期もあったが、今ではゆっくりしたフォームからは想像できないスピードの直球と、効果的に散りばめられる変化球でタイミングを外す。

2005年には先発として11勝の勝ち星をあげ、阪神タイガースの優勝に貢献した。

現在は活躍の場を中継ぎに移し、チームの勝利のため仕事をまっとうしている。

プライベート

金本監督がまだ現役だったとき、安藤はシーズン成績を通して目標を設定し、それが達成できた時にはご褒美を、達成できなかった場合には罰を受けるという決まりがあるようです。

金本が監督になった今も、その決めごとは続いているんだとか。

過去にはパンチパーマをあてるという罰が執行される予定でしたが、
パンチパーマができる床屋が近くになかったため、丸坊主になりました。

来年の公約は、達成できなければ金髪だそうです。
福原選手や高宮選手とご飯にいくことが多いそうです。
よくグチを言い合ったりするようです。

勝手に個人的総括

5-tools

球速 球威 変化球 制球 スタミナ
D C C B E

球速

最高球速は151km/hと速いが、これは過去の話で、現在の平均は145km/hほどに落ちている。

まっすぐあで空振りや見逃し三振を奪うというよりは、投球の組み立てでストレートを利用することが多い。

球威

ホームランを打たれる場面はさほど多くないが、肝心の場面で痛恨の一発をくらうことがある。

中継ぎに転向した近年の安藤優也は被弾されることが激減した。

1イニング限定投球によるスタミナ配分を考慮しなくてよくなったため、本来の球威が発揮されたと考えられる。

変化球

スライダーが生命線となる。その他にもフォーク、カーブ、シュート、シンカーと変化球は多彩だ。

ストレートと多彩な変化球でアイデア打者に的を絞らせないという熟練の投球を支えているのが安藤優也の変化球である。

制球力

阪神タイガース現役投手の中ではトップと言っていいほどコントロールが良い。

キャッチャーが構えたミットからほとんど動かないで要求通りのコースに行く。

とくに右打者への外角に決まるストレートやスライダーの制球は職人技レベルだ。

スタミナ

先発として活躍していた頃から、勝利寸前のところで打ち込まれて勝ち星を逃す場面が多かった。

土壇場で崩れるというのもスタミナの無さを露呈している一面です。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る