鳥谷を外せ!スタメン落ちはいつ?そんな声に負けるなトリ!

ここまでチーム状態が悪くなることを

シーズン開幕前のファンは想像していなかった。

ファンだけではない。

名だたる野球解説者も、シーズン前の

順位予想で阪神タイガースを上位に

予想していた。

リップサービスなどではないだろう。

彼等もそれを生業にして、

生活している解説のプロ。

すべての順位予想を的中させて、

預言者にでもなってしまえば、

仕事は増えるだろうから。

そんなプロ解説者の「肥えた目」ですら、

タイガースが最下位に沈むと予想した

順位ボードはほとんど無かった。

まさに異常事態と言っていい。

そんなチームの中で、

シーズン開幕前から誰よりも期待され、

金本タイガースの中心選手として

指名された鳥谷敬が、

キャリアの中でもっとも苦しく、

つらいシーズンを送っている。

スポンサーリンク
ad1

鳥谷敬の2016年~開幕前~

超変革を掲げた金本新監督に

真っ先に「変わる」ことを

要求されたのが、鳥谷選手だった。

常にクールで

感情を表に出さないプレースタイルに

疑問を持っていた金本監督が、

鳥谷選手と面談をおこない、

「お前が変わらなければ、

タイガースは変われない」

と、直接ハッパを掛けた。

鳥谷選手自身も、指揮官のこの言葉に

同調、共鳴するように

キャンプでは勢力的に声を出して、

チームの雰囲気をガラリと変えた。

リーダー鳥谷ここにあり

僕はそんな印象さえ受けた。

これはタイガースの新しい歴史が始まるぞ!

と、ワクワクしたものだった。

キャンプやオープン戦では、

連日のようにタイガースの

「明るい話題」で溢れていた。

それもこれも金本監督が提唱した

チームスローガンである「超変革」

その担い手である鳥谷選手が一番先頭に立って、

旗手を勤めたからに他ならない。

鳥谷選手の元気な姿に引っ張られるように

若手選手もグングンと台頭してきた。

しかし、ここで既に鳥谷選手の身に

我々ファンには想像できないほどの

相当なプレッシャーが

掛かっていたのではないかと思う。

鳥谷敬の2016年~シーズン前半戦~

高山だ、横田だ、と超変革に沸いた

シーズン序盤で、

本来の能力を発揮できない選手が一人。

それが鳥谷選手だった。

開幕以降の10試合目で

チームは6勝3敗1分と

まずまずのスタートダッシュに成功。

しかし、鳥谷選手の打率は

.143という冴えないものだった。

一割代の打率に加え、

らしくない守備でのミス、

周りの若手が華々しく活躍する中、

野手リーダーの鳥谷選手だけがカヤの外。

試合を重ねるにつれて、

勝ち負けの星が同じぐらいになるような、

煮え切らないチーム状況に。

鳥谷選手自身の数字も低空飛行を続けたままだ。

次第にそんな鳥谷選手に対して

非難の声が集まる。

残らない数字。

ファンからの否定的な野次。

悪しき記録として捉えられる

フルイニング出場。

球団からの心配の声。

高すぎる年俸。

チームリーダーとしての責任。

想像を絶するプレッシャー。

金本監督からの絶大な信頼と期待。

そのすべてを鳥谷選手は背負い

今シーズン、ここまでなんとか戦ってきた。

翼をもがれた鳥が羽ばたくためには

2016年7月12日

オールスターゲームを区切りとした

シーズンの前半戦がまもなく終了する。

二桁の借金を抱え、最下位に沈むタイガース。

チームの不調を背負う超変革の担い手。

様々なプレッシャーに加えて、

慣れないキャラクター変更を命じられて、

鳥谷選手はここまでよく頑張っていると

思う。

たしかに数字は寂しい。

いや、むしろ寂しすぎる。

でも、現状の阪神タイガースに

鳥谷選手に替わる選手はいない。

絶対にいない。

ならば、鳥谷選手自身が

「変わらない」

プレーをするしかない。

「変わる」必要などないぐらい、

これまでの鳥谷選手は、

素晴らしいプレーを

タイガースの勝利のために

見せてくれてきたではないか。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る