阪神の岩貞祐太が12奪三振!先発ローテーション6番手へ!

力強く投げられるストレート、打者を手玉にとるチェンジアップ。

2016年4月2日の横浜DeNA戦で先発しま岩貞投手がマウンドで躍動しました。

7回を投げきり、対戦した打者は25人。打たれたヒットは4本で、ピンチを2回しのぎ、無失点で今季初勝利をあげました。

めちゃくちゃ気迫こもってました。

スポンサーリンク
ad1

2度のピンチをしのぎ、今シーズン初勝利!

初回、ツーアウトでランナーは1、3塁として打席には、不振の横浜5番ロマックを迎えます。

不振とはいえ不気味な感じがしました。立ち上がりということもあったので。

しかし、ここは横浜の中途半端な重盗ミスで1塁ランナーの筒香が飛び出してタッチアウトに。

バッテリーを組んだ同い年の梅野が3塁ランナーをうまく目で殺しながら2塁へ送球したファインプレーに助けられます。

2度目のピンチは4回でした。

2安打とフォアボールでワンアウト満塁のピンチを迎えます。

しかし、ここでも岩貞は逃げませんでした。後続のバッターを抑えて、大きく叫びました。気持ち入ってましたね。

結局、毎回の12奪三振を奪った岩貞投手。本当にストレートの走りとチェンジアップが効果的に決まっていて、横浜打線を沈黙させました。

ヒーローインタビューでは「梅野のお陰だと思います。梅野がうまくリードしてくれて、7回まで持ちました。次の登板でも、思い切って腕を振ってチームを勝ちに持っていけるように頑張ります」とコメントしました。

先発ローテーション6番手を確実にする日は近いでしょう。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る