阪神×ヤクルト試合結果【2016/4/19】ドリスが初登板!

2016年4月19日におこなわれた東京ヤクルトスワローズとの公式戦結果です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 2 1 1 0 0 0 0 0 4 8 1
2 0 1 1 0 1 0 4 X 8 12 0
スポンサーリンク
ad1

責任投手/本塁打

勝利投手 [阪神] 高橋 (2勝0敗0S)
敗戦投手 [ヤクルト] ペレス (0勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [阪神]
[ヤクルト]

バッテリー

阪神 [投] 藤浪 → 榎田 → 安藤 → 高橋 → ドリス
[捕] 梅野 → 岡崎
ヤクルト [投] 成瀬 → 村中 → ルーキ → ペレス → 風張
[捕] 中村

スタメン

阪神 ヤクルト
打順 打順
1 (左) 高山 1 (中) 坂口
2 (中) 大和 2 (三) 川端
3 (右) 江越 3 (二) 山田
4 (一) ゴメス 4 (左) バレンティン
5 (遊) 鳥谷 5 (右) 雄平
6 (二) 西岡 6 (一) 今浪
7 (三) 陽川 7 (遊) 谷内
8 (捕) 梅野 8 (捕) 中村
9 (投) 藤浪 9 (投) 成瀬
先発投手 藤浪 先発投手 成瀬

試合内容

藤浪と成瀬で始まったこの試合ですが、予想外の打ち合いになります。

4勝目をかけて登板した藤浪ですが、先頭にフォアボールを許す回が目立ちました。やっぱりそういうことしてると、点は取られますね。

5回で100球を越える球数も、調子の悪さを象徴していました。

それでも中日戦で浮き彫りになった中継ぎ陣がなんとかかんとか0で切り抜けて、8回裏の4点を呼び込んでくれました。

そして、ヘイグに変わって一軍に昇格したドリスが初登板しました。

一球でワンアウトを奪うなど、3人でピシャリと抑えました。

縦の変化がエグいです。マテオは横変化、ドリスは縦変化が得意なんで、この2人で勝利の方程式組むのもおもろそうです。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る