阪神のドリスが退団!新たな助っ人外国人の獲得へ

ラファエル・ドリス投手が右肘の診察と治療のためにすでに帰国しており、このままタイガースを退団することになった。

今年だけの助っ人選手となり、ヘイグに続いてこれで2人目の退団外国人となった。

ドリスは開幕してすぐは、外国人枠の兼ね合いから二軍での調整が続いていた。

だが、序盤でヘイグが不振により二軍降格での調整を余儀なくされた際、外国人枠の空きを利用して、中継ぎ陣のテコ入れとして一軍へ昇格した。

昇格した4月19日のヤクルト戦で初登板を果たした。

その後は不調だったマテオに代わって抑えも任され、6月11日の日本ハム戦で来日初セーブもマークしている。

6月から7月にかけて15試合連続無失点も記録した時期もあった。

すごく好調だったが、暗雲が陰ったのが、7月31日。

右肘の炎症によるケガで登録を抹消されると、そこからは2軍でのリハビリが続いた。

ウエスタン最終戦を待たずに、帰国となり、事実上の退団が決まった。

スポンサーリンク
ad1

ドリスに続きゴメスとマテオも危うい?

ドリスの退団報道を受けて、残りの外国人助っ人の今後の去就についても注目が集まりそうだ。

メッセンジャーは間違いなく球団側から残留の要請があると予想される。

残すはゴメス、マテオ、ペレスの3人だ。

ペレスもこのままでは退団が濃厚となりそうだが、残る2人は当落線上にいる。

3年目のゴメスも、本人は残留を希望しているが、1年目の成績を上回れていない現状、確実に来季もタテジマのユニフォームに袖を通しているという保証はない。

マテオもしかりだ。

絶対的な守護神としての地位を確立できてはおらず、オフの補強プラン次第では急遽解雇となる可能性もある。

風雲急を告げる助っ人問題、今後の動向から目が離せない。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る