阪神高山俊の打率上昇!吉田義男に並ぶ!岡田彰布を超えた!

2016年9月4日 甲子園

阪神3―1DeNA

阪神は3-1でDeNAに逆転勝ちし、連敗を7で止めました。

本拠地の甲子園での白星は、じつに7月31日以来となる35日ぶり。

8回まで横浜DeNA先発の今永に抑えられていた阪神打線ですが、8回表に横浜は今永の打席で代打を送りました。

攻略できなかった投手を交代してくれたことが、タイガースを良い方向に導いてくれました。

北條、上本の連打から、高山が値千金の同点タイムリーを放ちました。

スポンサーリンク
ad1

吉田義男に並ぶ歴代5位119安打!岡田彰布を超えた歴代4位55打点

横浜2番手の田中が投じた3球目はコースが甘くなったカーブ。

高山はコンパクトに振り抜いて、センター返し。

飛びすぎて捕球されるかもしれないと思いましたが、横浜センター桑原の必死のダイビングキャッチも及ばず、グラブからこぼれ落ちた瞬間は、歓喜に沸いた甲子園球場!

このタイムリーヒットで55打点目となり、阪神の新人では80年の岡田彰布を抜いて歴代単独4位に。

さらにこの試合の高山は2安打を加えて、119安打として、53年の吉田義男と並ぶ5位になりました。

これに対して高山本人は以下のコメント。

「ヒットは1本ずつしか増えないので、今後も1本、1本かな。打点はチームメートがチャンスメークをしてくれている結果。それに応えることができれば、積み重なっていくと思う」

こんなに頼もしい新人が入団してくれたことを嬉しく思う反面、高山がいなかったら今頃タイガースどうなってるんの?と疑問に思ってしまいます。

最下位手前まで落ち込んだチーム成績。

歯止めが効かない状況の中、ほんとうにこのルーキーは素晴らしい活躍を見せてくれています。

残り16試合。

3位のDeNAとは4ゲーム差です。

クライマックスシリーズ出場の可能性が残されている以上、そこを目指していかないとチーム力の向上なんて、あったもんじゃない。

ルーキーばかりに頼っていても仕方ないけど、高山は本物です。

来年以降も成績を残せることを願うしかない。

応援するしかないですね。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。
この記事を気に入ってくれた方はアイコンをクリックしてください。

阪神タイガースランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
スポンサーリンク
ad1
ad1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




コメントを残す

トップへ戻る